夫婦円満のカギ!「家事を手伝わない夫」が、自ら家事をしたくなる方法とは

「夫婦」とはいえ、もともとは生まれも育ちも全く違う“他人”。

自分とは違う人間とずっと一緒に生活していれば、夫婦仲が険悪になるという深刻なものでなくとも、お互いに対して多少の不満が出てくるのも、当然のことではないでしょうか。

今回は夫婦円満のコツを、インテリアと絡めてご紹介していこうと思います。

 

■「家事の協力をしない夫」をどうする?

キッチンに立つ女性達と座ってスマホを見る男性

xiangtao / PIXTA

2012年に明治安田生命が行った「夫婦」をテーマとしたアンケートには、「夫婦関係で不満なことは何か?」というコーナーが盛り込まれていました。

それによると、女性(妻)は男性(夫)に対して「家事の協力をしない」ことを不満に思っている人も多いようなのです。

筆者の知り合い夫婦にもさりげなく聞き込み調査を行ってみたところ、やはり男性は家事に協力的ではないということに不満を持っている様子。

こういった不満って、積もり積もって突然爆発したりするものですよね。

なんとか改善できないものかと考えた結果、ホワイトボードを使ってみたらどうだろうと思いついた筆者はさっそく知人夫婦に相談、実際に試してもらうことにしました。

 

■ゲーム感覚で「夫に家事をしてもらう」方法

やり方は簡単。

まず、TO DOや曜日ごとに区切ってあるホワイトボードをリビングに設置し、その日やることを書き込んでいきます。

100円ショップのホワイトボードをアレンジしてもいいでしょうし、インテリアショップでもおしゃれなボードが入手可能です。

あとはそれをこなした方が、先にその項目に印をつけるだけ。

このとき、夫と妻のペンの色を分けておくとお互いの負担が一目でわかります。(色分けしないと意味がありません!)

これにより、「女性側の負担がいかに大きいか」を把握してもらうことができればいいのかな、と思っていたのですが、なんと筆者の思惑以上の効果があったようなのです。

「男の人ってゲーム好きでしょう? 私より早く印をつけて“勝った!”なんて言うのよ。」というような意見が次々と筆者の元に集まってきました。

 

■元手をかけずに一緒に楽しむ!

もちろんホワイトボードというのは、ほんの一例にすぎません。

ノートとイーゼルだっていいでしょうし、ポイント還元制にしてもいいのかもしれません。

自分たち夫婦にあったやり方を、ぜひ見つけてみてはいかがですか?

 

【参考】

「いい夫婦の日」に関するアンケート調査 – 明治安田生命(PDF)