片付けたのに散らかる…ループから脱却!プロが教える「物の適正量」とは

a0960_003995_m

年末大掃除をしたのに、もう家に荷物があふれている……という家も多いのではないでしょうか。

片付けても片付けても、いつも部屋がなんとなく散らかっている。

いろいろな“片付け術”を見ても、なかなか上手くいかない……。

それは、物の“適量”を把握できていないから。

そんな人へ、片付けのプロでもある筆者が、量の把握の仕方をご紹介しましょう。

 

■物の「量」を把握する

2016.1toyo2

家族の人数、家の広さや間取りによって、持ち物の量は違います。

家族の衣類に、生活雑貨、各部屋にはベッドやデスク、収納家具……。

洋服好きな方なら1人で200枚持っているかもしれないし、靴が30足、靴下は50足あるかもしれません。

多いことは、決していけないことではありません。しかし、それらを全てきちんと把握していますか?

生活しやすい環境にするためには、たくさんある物を“管理できているか”が鍵となります。

自分の持ち物がどれだけあるかを確認してみましょう。

種類別に分けていくため、家中から個人の物を集めてみましょう。衣類でも、アウター、靴下、下着などをパーツ別に分類します。

すると、同じものがいくつも出てきた、気づいたら似たようなものをいくつも持っていた……なんてことが見えてくるはずです。

 

■その数は「適量」?

自分の持ち物を分類して確認すると、次はその量が「適量か?」と考えてみましょう。

靴下が50足あり、かかとが薄くなっているような物があったら、それは処分しても困らないものです。

10足減っても40足。十分な量といえます。

分類すれば、今度は自分に必要な「量」が見えてきます。

自分にとっての適量が分かると、とても管理がしやすくなります。

20161toyo3

快適な家とは、物が厳選されて、どこに何があるかがすぐに分かることです。

自分の持ち物と向き合い、持ち物全てを活躍させることができたら、毎日が楽しくなりそうですね。

 

豊島 由紀)