北欧インテリアの常識!「モビール」で癒され空間にしちゃおう

家具や雑貨を飾ってみても、なんかちょっと寂しい……と感じたことはありませんか? もしかしたら、上の空間がガラーンと空いているのかも!

そんな時にぜひおススメしたいインテリアが「モビール」。

image

我が家のリビングをご紹介しましょう。吊るされたモビールが、ちょっと寂しい空間のアクセントになっています。

日本でもだんだん人気となっているモビールですが、一体どんなものにしたらいいのか、どんな風に取り付けたらいいか分からない……という方も多いのでは? そんな方におススメしたいモビールと取り付け方を紹介します。

 

■モビール発祥「デンマーク」フレンステッド社のモビール

モビールの発祥はデンマークとも言われています。現在もデンマークの「フレンステッド(FLENSTED)」のモビールが有名です。

フレンステッド社のモビールは種類が多くてクオリティも高く、なんといってもオシャレなデザインが大人気です。

これは木製の船のモチーフ。シンプルだけど存在感がありますよね。

デザインは好きな動物や季節にあった物など、お好きなデザインのものでOK! 好きなものがいつも目に入ることで、大好きな空間にもなります。

 

■子ども部屋には、可愛らしいデザインがおススメ!

この気球のモビールは子供部屋に人気のデザインです。気球はヨーロッパの国旗のカラーになっているんです。

このカラフルな気球たちがクルクル回りながらゆれる姿はとってもかわいくておススメ! ベビーベッドの上に取り付けて、“メリー”の代わりにしてもいいですね。モビールならインテリア性もバッチリです!

 

■「季節を感じるモチーフ」を選ぶ

5月にはツバメのデザインなんていかがですか? 鳥はモビールに最適なデザインです。真下から見てもしっかり楽しめるので、高い場所に付けるのもおススメ。

このように、季節のモチーフを取り入れると部屋の中にいても常に季節を感じることができますよ。また、定期的に付け替えることで、簡単な模様替えができて新鮮な気持ちになれます。

 

■取り付ける時は「天井フック」を使う!

とっても軽いモビールですが、落ちてはキケン! そのため、天井にしっかり取り付けることが重要です。

そこでおススメなのが石膏ボード用の天井フック。100円ショップなどでも手に入るし、取り付け方も簡単でとっても丈夫なんです!

fc2blog_20140608152254a35

こちらはセリアで購入した天井用フック。しっかり固定できて、見た目もシンプルです。
一度取り付けてしまえば、あとはモビールを付け変えるだけでOKですよ。

キケンなので、普通の押しピンなどでは固定しないでくださいね!

 

今や北欧インテリアには欠かせない存在のモビールは、インテリア性だけでなく癒し効果もバツグン! ユラユラとゆっくり動く姿は時間を忘れて見入ってしまうはずですよ。あなたもお気に入りのモビールを見つけてみませんか?

 

【参考】

FRENSTED MOBILES