置くだけでグッと空間が引き締まる!実はすごい「額縁」のインテリア活用法

 

みなさんはインテリアに「額縁」を活用していますか?

インテリアに活用と言っても、絵画やアートは何かとハードルが高いし、鏡の額縁なんて意識したこともない……。

なんて思っている人は、もったいない! 飾るだけと侮るなかれ、額縁には色んな効果を生み出す力があるんです!

これを読めば「額縁」に対する見方が変わりますよ!

 

■置くだけでアートになる!

額縁使用例

突然ですが、間違い探しの様な写真の左右を見比べて下さい。

右の方は、ただ額縁を置いただけですが、前に置かれた観葉植物がアートの様に感じられ、全く空間の印象が違ってきませんか?

この効果は観葉植物に限らず、雑貨や置物など何にでも応用出来ます。

 

■額縁1つでスッキリ壁面収納!

額縁使用例

時計やカレンダー、アクセサリーやポストカードなど、お部屋に飾りたいモノはたくさんあると思います。

しかし、あちこちに無造作に飾っては、ゴチャゴチャした印象のお部屋になってしまいますよね。

そんな時は、飾りたいモノを大きめの額縁1つにまとめると、スッキリとした空間に見えます。

額縁の中という限られた空間の中では、何をいくら無造作に飾っても大丈夫です。

個性的な額縁アートとして、空間の良いアクセントになってくれます。

 

■鏡こそ額縁にこだわる!

額縁使用例

“鏡”は生活に必要なものなので、どこのお宅にもあると思います。

その鏡に、少し変わったデザインの額縁を選んであげると、シンプルな家具配置のお部屋でもオシャレな空間になります。

写真は、フランスのニュースペーパーをアンティーク加工した額縁の鏡です。

この様なデザイン額縁は、職人がこだわって手仕事で製作しているものが多いので、市場に大量に出回りません。

だからこそ、ぜひ自分だけの額縁を見付けて、自慢のインテリアになる様に活用してみて下さい。

 

いかがでしたか?

写真やアートを飾る以外にも、幅広く使える「額縁」をつかったインテリア。ぜひご自宅にも取り入れてみてくださいね。

 

【参考】

※ 8mm工房