鍋敷きがアートになる!? そのまま置いてもオシャレなキッチンアイテム2つ

 

みなさん、キッチンアイテムは普段どうしていますか?

多くの人が、「仕舞っている」と答えることでしょう。

もちろん、使ったらキレイにしてしまう、が当然の流れ!

でもこれぞというお気に入りのアイテム、ちょっと眺めていたい、なんてときがありませんか?

 

そこで今回は、スタイルのある日用品LOVERの皆様にも満足いただけそうな、使って便利、飾ってサマになる日用品&楽しみ方をご紹介したいと思います。

 

■無造作においてもカッコイイ!「石ころ」みたいな、木の箸置き

箸置き2

こちら、まるで石ころ……いえいえ、箸置きなんです。

しかも手に取ってビックリ! 木、なんですね。素材は黒檀です。

岐阜の木工作家「tsun(森田孝久さん)」作。

思っていた手触りと違って脳が混乱するのか、不思議といつまでもスリスリと手触りを確認したくなる品。

箸置き1_1

作家ものであり、食卓で毎日使える日用品であり、なんだか使える箸置きなんです。

経年変化を楽しめる素材なのもいいですよね。前述の写真のように、棚の上などにディスプレイすれば、まるで現代アートのようにも見えます。

まさに、使っても飾っても楽しいアイテムです。

 

■壁に飾ればアートに! 木目が美しい鍋敷き

鍋敷き2

額縁の中で堂々たる存在感を放つのは、なんと、木の鍋敷き。

金沢の「岩本清商店」が作っています。

いつもは鍋の下で存在感が薄いのに、こうなるとまるでアートに見えてくるからユニーク! 木目が壁に映えます。

鍋敷き1

「桐」を焼いて作っているので、見た目はどっしりとした黒色で重厚感すら感じるのですが、持つとその軽さに驚きます。

そんな焼き肌ですから、熱いお鍋を置いて汚れがついても気になりませんし、洗うのも楽です。

これこそ美しい日用品ですね。

 

今回ご紹介したアイテム、筆者は鎌倉・材木座のお店「日用美(にちようび)」で手に取りました。

お店のセレクトに発見があったり、ディスプレイを参考にできるという点が、実店舗に行く醍醐味ですね。

ぜひ皆様も!

 

【取材協力】

日用美(にちようび)