バター要らず!朝食にもギフトにもピッタリ「バナナブレット」の作り方

バナナブレッド

2月になれば、バレンタイン間近。

家族やパートナーのために、何を作ろうか考えている人も多いのではないでしょうか?

「バレンタインにチョコレートを配る」という習慣は昭和50年代までさかのぼります。

日本の企業が、バレンタインチョコレートを出したのがキッカケ。

その時を皮切りに、伊勢丹などの大きな百貨店などでも販売したようですが、初めはなかなか定着せず、1年目は板チョコ3枚しか売れなかった記録が残っているそうです。

現在では、チョコレートの年間消費量のうち1/3が、このバレンタインで消費されるほどの国民行事になっています。

「チョコレートを渡す」という行為も、歴史をたどると企業戦略。どうやら特別なことでもないようです。

ですから、たまにはチョコレート以外で美味しいスイーツをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

今回は、自然な甘さが楽しめるバナナブレッドをご紹介しましょう。お子様のおやつにも、朝ごはんにもピッタリですよ。

 

■バターいらず!バナナブレットレシピ(パウンド型1本分)

  • バナナ 250g
  • きび砂糖(なければ自然のお砂糖) 20g
  • Lサイズの卵 1個(★)
  • 砂糖 40g(★)
  • 塩 小1/2(★)
  • ココナッツオイル(なければ菜種油) 40g(★)
  • カスピ海ヨーグルト(なければ水きりしたヨーグルト) 30g(★)
  • 強力粉 120g(*)
  • ベーキングパウダー 小1(*)

 

(1)バナナは皮をむき、好みの粗さまでフォークでつぶす。

(2)湯煎でココナッツオイルを溶かして ボールに(★)を入れ、泡立て器でかき混ぜる。

バナナブレッドの作り方

(3)フライパンにきび砂糖を入れ、弱火で溶かし、色がついてカラメル上になるまで焦がす。

バナナブレッドの作り方

(4)バナナを投入し、手早く混ぜます。

バナナブレッドの作り方

(5)カラメルとバナナが絡まったら、(2)に入れ混ぜる。(時間が経つとカラメルが固まってしまうので、ここまでを手早くやるのがコツ!)

(6)(5)に、あらかじめふるっておいた(*)を入れ混ぜる。型に入れ、余熱で180℃にあたためておいたオーブンで40分焼き上げる。(オーブンペーパーなどを型に敷くと取り出す時に簡単)

(7)余熱が取れたところでラッピングして出来上がり

バナナブレッド

お正月で残った黒豆なども入れても、美味しくて歯ごたえのある食感のブレットが作れますよ。

黒豆入りのバナナブレッド

黒豆80gを最後に入れました

どっしりと目がつまった食感は、食べごたえもよく、バナナときび砂糖の素朴な甘みが楽しめます。

それでいて、バターも使わず、ヨーグルトのさっぱり感で、いくつでも食べられるんです。

甘いものが苦手、という男性にも良さそうですね。

 

日持ちもするので、ギフトにもピッタリ。ママ友や、お子さんに持たせるのもいいかもしれません。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。