マンションや賃貸でもOK?売電してたら?「電力自由化」素朴なギモンに答えます

電球をつけかえる様子

Graphs / PIXTA

2016年4月からはじまる「電力自由化」。

ガス会社や石油会社が電気のコマーシャルを始めたり、ニュースや新聞でもとりあげられたり……。

「我が家にも関係ありそうだけど、いまいちよくわからない……」そんな人も多いのではないでしょうか。

そんな方へ、今回は「電力自由化」の素朴な疑問にお答えします。

 

■「電力会社」を選ぶ時代へ

電力会社を選ぶ

kei_gokei / PIXTA

これまで家庭向けの電力は、住んでいる地域によって電力会社が決まっていました(東京電力、関西電力など)。

引越したり、新居に入居する時、「電気はどこの電力会社にしようかな?」と考える必要はありませんでしたよね。

しかし、2016年4月1日以降は、「電力の小売り全面自由化」によって、消費者が電力会社や電気料金のサービスを自由に選べるようになります。

携帯電話の通信会社を選んだり、インターネットのプロバイダーを選ぶように、電気も電力会社を選ぶ時代がやってきたというわけです。

 

■送電は今まで通りだから、停電や品質の低下も心配ない

電力の供給システムは、発電→送電→小売と大きく3つの部門に分類されます。今回、自由化されるのは家庭や商店など消費者に対する「小売」部門です。

電力の安定供給を担う「送配電」部門は、引き続き東京電力や関西電力など政府が許可した企業が担当するため、どの小売事業者から電気を買っても、電気の品質や停電の可能性などは変わりません。

 

■マンションや賃貸住宅でも、電力会社を選べる!

マンションに住んでいる場合でも、各家庭が個別に電力会社と契約している場合は電力会社の切り替えが可能です。

ただし、管理組合等を通してマンション全体で一括して契約を行っている場合は、切り替えが可能かどうか管理組合等に確認してみましょう。

賃貸住宅に住んでいる場合は、契約名義が本人であれば切り替えが可能です。

 

■太陽光発電などで電気を売っている場合はどうなるの?

自宅の屋根に太陽光発電などを設置して売電している家庭が電力会社を切り替えても、売電に係るこれまでの契約が変わることはありません。

 

■新しい電力事業者が続々!

電気事業法に基づき登録を受けた事業者が、資源エネルギー庁のホームページで公表されています。

ガス会社や石油会社、通信会社に鉄道会社、再生可能エネルギーに特化した事業者など様々な事業者が電力自由化に参入しています。

各事業者のホームページなども掲載されていますので、電気料金やサービスの内容のほか会社の規模や概要、ビジョンなどもチェックしてみるとよいですよ。

 

■セット割やポイントサービスがつく電力事業者も!

環境に優しい電力を選ぶ主婦

kei_gokei / PIXTA

電気とガス、電気と携帯電話、電気と鉄道など組み合わせによるセット割引や、ポイントサービスなど、今までにない料金プランやサービスが登場します。

各家庭のライフスタイルに合わせ、より最適なプランを選べるようになります。

また、再生可能エネルギーによって発電した電力を買ったり、住んでいる地域以外から電力を買ことも可能になります。

 

■4月1日までに切り替えなければ、そのまま今の電力会社から電力供給

電力プランについて調べる主婦

kei_gokei / PIXTA

電力会社を切り替えるための事前受付は2016年1月からスタートしています。実際に電力会社が切り替わるのは2016年4月以降。

2016年4月1日までに切り替えの手続きをしない場合は、いま供給を受けている電力会社から引き続き供給を受けます。

少なくとも2020年3月までは、現在の一般的な料金メニューが、経過措置としてこれまでどおり残ることになっています。(一部の料金メニューについては、現在の料金メニューから変更される可能性があります)

 

あわてて新しい電力会社を決める必要はありませんが、電力会社を「選べる」ということは、その選択に消費者自身が責任を持つということでもあります。

「よくわからないから、このまま」というのではなく、この機会に家庭の電気と向き合って賢い選択をしたいですね。

 

【参考】

登録小売電気事業者一覧 ー 経済産業省資源エネルギー庁