電力自由化っていうけど…プロが教える「電力の購入先」の選び方

コンセントに乗って話し込むカップルの人形

bee / PIXTA

2016年4月からはじまる「電力自由化」。

新規参入の電力会社を選んでも、電力の“供給システム”は従来通りのため、安心であることを前回のコラムでお話ししました。

となると、やはり少しでもお得な電力の購入先を選びたくなりますよね。

相次ぎ参入する新規事業者に、新しい料金プラン。

大幅に増えた選択肢から、わが家に合った電力の購入先を上手に選ぶにはどうしたらよいでしょうか?

 

■「電力大手」の新料金プランはどうなる?

東京電力や関西電力など電力大手も、この4月から従来の料金プランに加え、新たな料金プランを用意しています。

例えば東京電力では、「電気の使用量が多い」、「夜に電気を多く使う」などライフスタイルに合わせて選べる料金プランを用意。

また、LPガスとセット契約でガス料金がお得になるプランなど、提携先とのサービスでお得になるプランを用意しています。

一方、従量電灯B・C契約(月平均の電気使用量が300kWh未満)などの場合は、プランを変更するとかえって割高になることもあるため、変更せずに今の契約のまま継続することを推奨しています。

 

■新規小売電気事業者(新電力)のプランは?

新電力の料金プランは、ガス代、ガソリン代、携帯電話代、インターネットのプロバイダー料金など電気料金とのセット割引が充実しています。

また、電気料金そのものの割引だけではなく、ポイントサービスによってメリットを還元するプランも多く見られます。

各家庭のライフスタイルとプランの条件が合えば、電気料金だけでなく様々な恩恵が受けられそうです。

 

■比較サイトでシミュレーションしてみよう

選択肢がありすぎてよくわからないという方は、比較サイトを利用してシミュレーションしてみましょう。

【電力比較サイト エネチェンジ】

25の電力会社から145プランが比較できます。電気料金だけでなく、ポイントサービスやセット割引など条件を絞り込んで比較ができます。

 

【価格.com 電気料金比較】

切り替え年だけでなく、2年間、5年間での比較ができます。

 

■「うちはどのくらいの電気を使ってる?」を知るのに便利な「でんき家計簿」

比較サイトや各電力会社でのシミュレーションに必要なのが、現在の電気代や電気使用量です。

「電気ご使用量のお知らせ」があれば、必要な情報は得られます。

シミュレーションでは、1か月分の電気代や使用量から年間の電気代を試算して比較するものもあれば、12か月分の使用量を入力して比較するものなど様々です。

「夏休みや年末年始は長期で帰省している」あるいは「冬の暖房は灯油が主なエネルギー」など、各家庭によって電気の使用状況は変わるもの。

直近のデータだけでなく、半年分や1年分の電気使用量がわかると、より詳細な試算ができます。

東京電力の「でんき家計簿」(登録無料)などを利用すれば過去2年分のデータが入手できますよ。

新規参入事業者の基本料金や段階制料金はサイトで確認できるので、比較サイトのシミュレーションだけでなくよりわが家の実態に合った検証をすることで、最適な電力会社を選ぶことができますよ。

 

■電力会社を切り替えるときの注意

実際に電力会社を切り替える場合は、シミュレーション結果だけでなく、約款等で料金、割引内容や割引期間を確認しましょう。

契約から1年未満の解約の場合は、解約違約金が発生する場合もあります。契約期間や契約解約などの条件、違約金、解約金についても合わせて確認しておきましょう。

 

2016年4月からの「電力の小売り全面自由化」に続き、2017年には「都市ガスの小売り全面自由化」も予定されています。

お得な料金プランを検討することはもちろん、電気代やガス代など光熱費節約の意識が高まれば家計にとってもプラス。

「自由化」の波を、賢い選択で乗り越えましょう!

 

【参考】

電力比較サイト エネチェンジ

価格.com 電気料金比較

でんき家計簿 – 東京電力