IKEAではコレを買え!使いまわせる家具5選~その3「HELMER」その4「KNAGGLIG」

 

リーズナブルで人気のIKEAですが、安くても、永く使えなければ“銭失い”というもの。

同じような棚や収納家具でも、シリーズが変われば、グンと使い勝手も変わります。

「永く使う」をキーワードに、家族が成長し、ライフスタイルが変わっても使いまわせるIKEAシリーズをご紹介してきました。

第1段は「ALEX 引き出しユニット」を、第2段では「STUVA」を。

今回は、第3段、4段と続けてご紹介しましょう。

 

■「HELMER」のキャスター付引き出しユニット

HELMER引き出しユニットキャスター付き

IKEA製品ページより

「HELMER」は、スチール製のキャスター付き引き出しユニット。

以前紹介した「ALEX」は木製で、引き出しの高さも段によってまちまちでしたが、こちらは、スチール製で引き出しの高さは一定です。

引き出しにはラベルがつけられる溝がついており、中身が外からも分かるようになっています。

色は4色あり、使い方によってはアメリカンビンテージのようにも。コンパクトサイズで幅も使いやすく、様々な場所で使えます。

5年前の筆者宅子ども部屋。

当時幼稚園年長の長女と、入園前の次女が遊ぶデスクの背面に、2人のお絵かきグッズや折り紙などをしまう収納として使用していました。

以前ご紹介した「ALEX」から「HELMER」へ代替わりした理由は、その“サイズ感”。

幅28cm×奥行き43cmと、幅36cm×奥行き58cmの「ALEX」よりも一回り小さいんです。

使いたいときに、子どもが自分でデスクの方へ近づけたり出来るサイズで、さらにキャスター付きだったことも◎。

物(我が家の場合はオモチャ)が増えても、サイズがコンパクトなので場所をとらずに収めておく事ができました。

子どもが成長し、模様替えを行う必要がでてくれば、別の場所に移動。キャスター付なので、気軽に移動ができるのも良いですね。

スチール製なので、ナチュラルな木や籐などと合わせれば、インテリアとしてもポイントになります。

引き出しの中の間仕切りは、「ALEX」と同様、KEYUCAの仕切りケースか、ニトリの仕切り板が便利です。

 

■2016年の注目アイテム「KNAGGLIG」

次に紹介するのは、2016年の新商品「KNAGGLIG」。

KNAGGLIGボックス

IKEA製品ページより

我が家ではまだ使用していないのですが、「これが昔からあったら、絶対に使っていたな!」と思うほど、サイズ感と素材感とお値段のバランスがいい、大注目のアイテムです。

KNAGGLIG ボックス

IKEA製品ページより

サイズが大小あり、小さいものは999円。大きいものは1,999円と、リーズナブル。同じサイズはもちろんのこと、大小2つを重ねて使えるのも魅力の1つ。

さきほどご紹介したこちらの写真で、本棚として使っているチークのマガジンラック。これもIKEAのものですが現在は廃盤になってしまいました。

これの替わりとして、重ねたり、並べたり、色々な活用法がありそうですね。

KNAGGLIGボックス

IKEA製品ページより

使い方しだいでは、収納としてはもちろんのこと、インテリアとしても活用できますし、少し傷んできたら、ペンキでDIYしたり、ガーデニンググッズや外用のおもちゃ入れとしても使いまわせます。

KNAGGLIGボックス

IKEAカタログより

筆者も、次に1番狙っている、大注目の収納アイテムです。

 

■2つのアイテムも、今ではこんな感じに

先ほどご紹介した「HELMER」も、今では、この春小学1年生になる次女のデスク引き出しとして。先ほどのマガジンラックも、縦に配置して、子どもたちの本棚になっています。

 

実は、長女もデスク収納に「HELMER」がいいと、もう1台購入。

たまたま筆者宅では子ども部屋ですが、大人も子供もずっと長く使える収納家具。ぜひ新しい生活のスタートに参考にしてみてくださいね。

 

IKEAではコレを買え!使いまわせる家具5選

「ALEX 引き出しユニット」が使えるワケ

「STUVA」が使えるワケ