1人より2人の方が難しい!「共働き夫婦」の正しいお金の貯め方とは

夫婦が立つキッチン

Graphs / PIXTA

専業主婦家庭より一家の収入が多い“共働き家庭”。

ですが、収入の割に、貯蓄ができていないご家庭が多いのです。

今回は、共働き夫婦の正しいお金の貯め方について、数多くのご家庭のお金の相談にのっている税理士である筆者がお伝えします。

 

■お金が原因で、夫婦喧嘩

共働き夫婦の場合、それぞれが収入を得ていますので、それぞれが生活費をだしあったり、なんとなく負担しあったりしていることが多いです。

家計がちゃんとまわっている時でも「飲みにばっかり行って」「服ばっかり買って」と、口にはださねど相手のお金の使い方についてはそれぞれが思うところがあるようです。

急な出費や、どちらか一方の収入が減るなど、変化があると途端にこの不満が爆発し、言い合いとなってしまいます。

お互い「稼いでる」、「お金を出している」という気持ちがありますから、相手のお金の使い方を責め、終息するどころかどんどんエスカレートする傾向にあるようです。

 

■「全体が見えてない」のが諸悪の根源

では、どうして家計がちゃんとまわっている時でも“相手に対する不満”を持ってしまうのでしょう?

これは「この家庭を維持していくのに、いったいいくらお金がかかっているのか?」「そのうちどれくらいを負担しているか?」という、全体が見えていないことが原因です。

見えていないので、把握できずに不安になり、わからない部分を勝手に推測してしまうのです。

 

■家計費の総額を「2人」で把握しましょう

1度「この家庭を維持していくのに、いったいいくらお金がかかっているか」がわかる表を2人で作って、家計費の総額を2人で把握しましょう。

家賃(あるいは住宅ローン)・管理費・固定資産税・ガレージ代・水道光熱費・電話代・プロバイダー料・新聞代・食費・日用品・車の維持費・保険料・教育費・交際費・帰省費・旅行代・外食費……など、1ヶ月にかかっている費用を紙に書き出して見ましょう。

書き出すにあたって、領収書やクレジットカード明細、銀行引き落としを参考にして、書きもれのないようにしてください。

一度でいいので、リアルの数字で確認すること。

「だいたいこれくらいだよね?」という書き出し方は、あまり意味がありません。

 

■負担の仕方にも、注意が必要

実際にかかっている“家計費の総額”が、わかればそこに“貯金すべき金額”を足しこみましょう。

この金額が、“2人で毎月用意しなければならない金額”です。

それぞれの負担額を決めましょう。

この際に注意しなければいけないのは「じゃあ、僕は家賃関係を出すよ」「私は食費を出します」と、項目ごとに負担という形にしないこと。

全体の額のうち、それぞれいくら負担するかを決めてください。

それぞれが負担すると決めた金額を毎月、家計用口座に入金するようにして、家計全体を管理していくようにしましょう。

 

いかがでしたか?

お金は1人で管理するより2人で管理していくほうが難しいのです。

ポイントは「2人共が全体の金額を把握していること」です。

家計の破綻は夫婦間の破綻につながります。そうならないためにもルールを作って管理するようにしましょう。

 

 

【関連記事】

組み方は慎重に!共働き夫婦の「住宅ローン」に潜む落とし穴2つ

 

【WomanMoney】

WomanMoney(ウーマンマネー)は、「輝く女性に向けて素敵なマネーライフを提案」をメディアコンセプトに、いつまでも輝いていたい女性にむけて、お金に振り回されなくなるお役立ち情報を発信するサイトです。

妊娠・出産で退職するなら「失業給付の期間延長」の手続きを忘れずに!
ワーママが知っておきたい!「103万円の壁と130万円の壁」
脱・家計簿!モノグサさんでも「お金のノート」でカンタン支出管理

 

(著者プロフィール)

武田美都子・・・税理士(平成14年税理士登録)。武田美都子税理士事務所所長。高橋税理士と共に 株)たっくす・こんしぇるじゅを立ち上げ、大手百貨店等の依頼を受け女性向けセミナーを多数行っている。

朝日放送テレビ、ABCラジオ 雑誌等メディアにも多数出演し、著作としての「はんなり美人のお財布術~上手にためて賢く使う」は 日経新聞や産経新聞等にも掲載された。

また元銀行員という経歴を生かしての経営企業アドバイス、資金繰りアドバイス、女性を対象としたマネー診断やお財布セミナーなど、専門家としての正確な情報をわかりやすく面白く伝えるのが人気であり盛況である。