ブルーボトルコーヒーで話題の「清澄白河」が急上昇!中古物件で人気の街はどこ?

 

賃貸に住んでいて1度は考えることといえば、「賃貸だと毎月家賃が消えていくだけ……同じ出費ならいっそマイホームが欲しい!」。

結婚や出産を期に、賃貸から売買物件への住み替えを検討する方も多いですよね。

では、どんな駅が人気を集めているのでしょう?

住宅・不動産サイト「O-uccino」中古サイトが、2015年1月1日から2015年12月31日のアクセス数をもとに、「2015年、人気の高かった駅ランキング(中古マンション・中古一戸建て/首都圏編)」を発表しました。

 

■投資目的も多い「恵比寿」中古マンション

まずは中古マンションから。

main

中古マンション編で第1位に輝いたのは「恵比寿駅」。

クリスマスライトアップされた恵比寿ガーデンプレイス

genki / PIXTA

周辺には広尾・代官山・白金といった高級住宅街が広がります。JR 山手線、埼京線、湘南新宿ラインと東京メトロ日比谷線が通り、交通の便は抜群。

おしゃれな街として女性人気も高い街です。駅近くには恵比寿ガーデンプレイスや、駅ビル、商店街があり、買い物にも困りません。

人気エリアであるがゆえに価格相場は8,000万円(/70平米)を超え、JR山手線内でも1、2を争います。

一般のサラリーマンの住宅購入価格の限度が6,000万円くらいだそうなので、こちらは実需より相続や投資といった目的で購入する人も多い傾向があるようです。

子育ての面では、恵比寿駅のある渋谷区は、「ハッピーマザー出産助成金」として、1人出産する毎に8万円がもらえます。

また、幼児は無料でフッ化物塗布(虫歯予防)を受けることもできますよ。

 

■都心と比べてリーズナブルな中古マンション物件が多い「北千住駅」

西新井橋近くの河川敷と住宅街

ジャバ / PIXTA

第2位「北千住駅」は複数の大学誘致に成功し、近年若者の活気が溢れる街。駅前には大型複合商業施設と昔ながらの商店街が揃い、買い物には困りません。

交通に関しては、半蔵門線直通東武伊勢崎線(スカイツリーライン)、東京メトロ日比谷線・千代田線、JR常磐線、つくばエキスプレスと複数の路線が乗り入れ、都心や観光地へのアクセスは抜群。

また昨年3月にはJR上野東京ラインが開通し、東京、品川まで直通で出られるようになり、さらに利便性がUPしました。

中古マンションの物件価格が、都心と比べてリーズナブルなのも魅力的。セキュリティや周辺環境、ハザードマップもしっかりチェックしてから購入すれば安心です。

 

■人気急上昇!アートとカフェの街「清澄白河駅」

第3位は、昨年のトップ10圏外から急上昇した「清澄白河駅」。

東京都現代美術館の外観

チビタム / PIXTA

昨年2月に日本初上陸の「ブルーボトルコーヒー」がオープンし、カフェの街として注目を集めました。女性誌やガイドブックへの露出が多く、今後さらに人気が高まることが期待できます。

ギャラリーが多く、アートの街としても有名です。

筆者が好きな東京都現代美術館では、親しみやすい視点から現代アートを楽しめる企画が多く展示されています。

都の指定名勝となっている清澄庭園や、ファミリーに人気の木場公園などもあり、自然豊かで住み良い街です。

 

■豊かな自然と利便性を備えた「吉祥寺駅」が中古一戸建て1位!

sub1

中古一戸建て編第1位は、人気駅ランキング上位の常連「吉祥寺駅」。

吉祥寺駅北口の外観

しんた / PIXTA

駅前には商業施設や公園が充実しています。新宿や渋谷へ直通で出られるため交通の便も良く、暮らしやすさと利便性を兼ね揃えた街となっています。

動物園もある井の頭公園をはじめ、豊かな自然にも恵まれています。

吉祥寺のある武蔵野市の子育て支援も充実しており、「0123吉祥寺」「0123はらっぱ」「おもちゃのぐるりん」といった親子で遊べる公的施設は、満足度の高いものばかりです。

 

■子育て支援が充実している「世田谷区」はトップ10中半分ランクイン!

二子玉川駅の様子

Shiryu / PIXTA

第2位「二子玉川駅」、第6位「用賀駅」、第7位「祖師ヶ谷大蔵駅」、第8位「桜新町駅」、第10位「三軒茶屋駅」はすべて東京都世田谷区にある駅で、トップ10の半分を占めています。

世田谷区はもともと一戸建て住宅が多く供給されており、閑静な住宅街が広がるエリアながら、都心へも出やすい立地です。

子育ての視点で見てみると、「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーにした遊び場「プレーパーク」が区内に4つあるところに注目。

常駐のプレーリーダーや地域のボランティアの方たちのもとで、普通の公園ではなかなかすることができない焚き火や泥遊び、木登りなどをすることができる、全国でも希少な面白い取り組みがなされています。

 

■最低敷地面積は50坪以上!都内屈指の高級住宅地「田園調布駅」

田園調布の銀杏並木

Claude Nihonbashi / PIXTA

第3位「田園調布駅」は、都内屈指の高級住宅街。交通に関しては、東急東横線・目黒線が利用できます。

東急東横線は2019年に相鉄線との直通運転が開始予定で、今後も目が離せません。

首都圏に狭小住宅が増えているなかで、「田園調布駅」周辺の最低敷地面積は50坪に定められていて、東京都大田区の平均土地面積は東京23区内で最も広くなっています。

 

■築浅の中古住宅をお得に探したいなら「町田市」「八王子市」

第4位「成瀬駅」も、市民、事業者、行政などの協力による景観づくりが重視され、平均土地面積が広いのが特徴。

特に駅周辺は区画整理されており、一戸建てを中心とした低層住宅街が広がっています。公園や緑地帯が計画的に配置され、緑豊かな住環境が魅力です。

町田駅北口の様子

HAKU / PIXTA

「成瀬駅」がある東京都町田市や、第5位「八王子みなみ野駅」がある東京都八王子市は、現在も大型の宅地造成や戸建て団地の開発が盛んに行われ、築浅の中古一戸建てが多く供給されています。

きれいなお家を少しでも安く購入したい方には注目のエリアです。

 

居住目的で住宅を購入するなら、「子どもが生まれたとき」「子どもが成長したとき」「自分が歳をとったとき」と、先々のことも考えるのがポイント。

坂道が多くてベビーカーだと辛いとか、ボール遊びができる公園が近くにあれば子どもが大きくなっても満足度が高いなど、駅のイメージや間取り図からは読み取れない“環境”までしっかり読み込んでおきたいですね。

 

(オカダヒロタケ)

 

【参考】

2015年、人気の高かった駅ランキング – ​​株式会社オウチーノ