油汚れをサッと防止!インテリア性も抜群の100均「キッチンシート」が便利すぎる

タイル張りのコンロ

コンロ周りは、キレイに掃除しても、すぐに油汚れが気になってしまいますよね。

特にタイル地は、目地のお掃除が意外と面倒。

かといって、放置しておくとますます頑固になってしまうのが、油汚れのやっかいなところです。

大きなリフォームは無理だけど、コンロ周りをフラットにサッと拭ける、それでいてオシャレなアイテムはないものか……。

そんな時は、100円ショップのアイテムが便利ですよ。

 

■100円ショップで手に入る、壁用キッチン汚れシート

IMG_2746

100円ショップでみつけたのは、壁用キッチン汚れ防止シート。

このシートは、タイルやステンレスの壁に貼れるポリエステルシートです。汚れも拭きやすく、シートの柄の種類が豊富にあるので、気軽に楽しめそうです。

耐熱難燃タイプなので、コンロ近くでも安心ですね。

今回は、これの「レンガ柄」を使って、ナチュラルなキッチンコンロを目指したいと思います。

 

■1:まずは、壁面の掃除

IMG_3007

シートを貼る前に、洗剤等を使ってきれいに掃除をしましょう。油分や汚れがついていると粘着力が落ちてしまい、すぐ剥がれてしまいます。

 

■2:シートを剥がす

IMG_3015

シートはシールのように裏に剥離紙がついています。貼り始めは5cmほど剥がしましょう。

一気に剥がしてしまうと、粘着が思わぬ所についてしまって、シートがぐちゃぐちゃになってしまうこともあるので、少しずつ貼るのがコツです。

 

■3:シートを貼る

IMG_3019

剥離紙を少し剥がしたら、貼りたい角、位置に合わせて貼り付けます。

位置が決まったら、タオルなどで空気を逃がすようにしっかり貼り付けます。この貼り付け位置が曲がっていると最後にズレが大きく出てしまうので、丁寧に貼りましょう。

IMG_3020

最初の5cm幅を貼った後、剥離紙を少しずつ剥がして、空気が入らないようにタオルで撫でていきます。

これを繰り返し、少しずつ貼り付けていきます。

IMG_3023

このシートの幅は2口ガスコンロの幅分なので、壁を全面貼る場合は数枚必要となります。

はさみでも簡単に切ることができるので、シール感覚でちょっとしたイメージチェンジを楽しめますよ。

 

レンガ調で、ぐっと雰囲気が変わりましたね。ナチュラルなキッチンツールをおけば、さらにインテリア度がUPしますよ。

凹凸がなくなるので、ふきんでサッと拭くだけで隅々まで掃除完了。

さらに汚れが気になれば、また別のシートに貼り替えるだけですし、その時にシート柄を変更すれば、簡単に模様替えもできますね。

こんな簡単なアイテム、使わない手はありません。ぜひ100円ショップで探してみてくださいね。