使い回し抜群!「IKEAの踏み台」オススメの使い方3パターン

いま、IKEAの木製の踏み台(BEKVÄM)が海外で大人気なのを知っていますか?

IKEA ホームページより

形も色もシンプルで使いやすく、なんたってお手頃価格! 組み立ても簡単で自分流にアレンジできるのも人気の秘密なんです。

木製なので丈夫だし、温かみがありますよね。

お子さんの踏み台や、ちょっとした階段として使ってる方は多いと思いますが、その使い方だけじゃもったいない!

使わないときは物置に……もう直さなくてもいいんです。見方をちょっと変えるとオシャレアイテムに変身しちゃいますよ!

そこで、我が家でも実践している、オシャレで実用的な3つの使い方を提案したいと思います。

 

■1:オシャレな棚として

グリーンを乗せると、たちまちオシャレな棚に早変わり! 踏み台として使わない時は、このようにグリーンやお気に入りの雑貨をちょこんと乗せておくのがおススメです。

“場所を取る踏み台”から”オシャレな棚”に変身したと思いませんか?

あまりゴチャゴチャと置かないのがオシャレに見せるポイントです。

 

■2:ベランダでプランター置きとして

ベランダに出して実用的にプランター置きとしても便利! 階段状なので、どの植物にもまんべんなく日が当たります。

人が乗っても大丈夫なくらい頑丈なので、重いプランターを乗せても安定しますよ。

雨に濡れても大丈夫なように、あらかじめペイントしておくのがおススメ! このナチュラルのタイプは無塗装なので、そのままペイントしてOK。ペイントする場合は、組み立てる前に塗った方がムラなくきれいに仕上がりますよ。

海外では、自分好みにペイントしたりステッカーを貼ったりしてアレンジするのが流行中なんですって! 手をかけた分だけ愛着もわきそうですよね。

 

■3:サイドテーブルとして

image

寝室のベッド横に置いて、アロマディフューザーや時計、読みかけの本を置いたり。サイドテーブルはちょっと置くのに便利ですよね。

普段はこのようにサイドテーブルとして、必要な時はステップとして使うのが賢い使い方かもしれませんね。1つ2役なのでとっても便利です。

 

どの使い方も、気取らない“こなれ感”が出て、意外とどんなインテリアにも馴染みます。

ナチュラルの他に、ホワイトとブラックもありますので、お部屋のインテリアに合わせて選んでみてくださいね。