意外と知られていない…確定申告と還付申告の違いって?

お金と家のおもちゃ

freeangle / PIXTA

2月15日から確定申告が始まります。

「確定申告」は前年1月から12月までの所得を計算し、2月中旬から3月中旬の期間で税金を払ったり、戻してもらったり、前年の所得税の調整をする手続きです。

主に医療費がかかったときに、確定申告をする印象が強いでしょう。

「どこ」で「いつ」までにするのか、おさらいしてみましょう。

 

■確定申告しなければならない人って?

一般的に会社員は、会社の「年末調整」で所得税を戻してもらったり、支払ったりしています。

「確定申告」は、給与所得以外で年末調整だけでは税金の調整が終わらない人が中心です。いくつか挙げてみましょう。

  • 自営業などで利益が出た人
  • 給与収入が2,000万円を超える人
  • 給与や公的年金以外で20万円を超える収入がある人
  • 同族会社の役員や親族で、給与のほかに、貸付金の利子や土地建物の賃貸料などを受け取っている人

 

■確定申告することが「できる」人って?

確定申告を「しなければならない」ほど強制ではないけれど、確定申告すると、所得税を戻してもらったり、調整をすることができる人です。いくつか挙げてみます。

  • 住宅ローンを組んで、家を購入した最初の年
  • 医療費の自己負担が10万円(または所得金額5%)以上かかった人
  • 自営業で収益がでない(または損失がでた)など税金を多く払い過ぎた人

 

■「還付申告」って聞いたことある?

還付申告は、1箇所から給与をもらっている会社員が、医療費控除を受ける場合などで、「税金を戻してもらう」手続きです。

「税金を支払う」ことはありません。

 

■確定申告と還付申告、どう違う?

「確定申告しなければならない」のに、しなかった場合は追徴課税など罰を受けることもあります。

また「計算を間違えた」など、修正が必要なときは、1年以内に「修正申告」しなくてはなりません。

「還付申告」は、2月中旬から3月中旬と言わず、他の時期でも手続きができます。期限も5年以内で大丈夫。

平成27年分については、平成28年1月1日から平成32年12月31日まで申告することができます。

また、申告しなくても罰を受けることはありません。

 

いかがでしたか?

収入が給与所得しかない方は、還付申告である可能性が高いです。

還付申告は早めに受け付けもしているので、込み合う前に住所地管轄の税務署に行ってみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

いつかは憧れのマイホーム…!家を建てるなら知っておきたい「お金のはなし」

 

【WomanMoney】

WomanMoney(ウーマンマネー)は、「輝く女性に向けて素敵なマネーライフを提案」をメディアコンセプトに、いつまでも輝いていたい女性にむけて、お金に振り回されなくなるお役立ち情報を発信するサイトです。

妊娠・出産で退職するなら「失業給付の期間延長」の手続きを忘れずに!
ワーママが知っておきたい!「103万円の壁と130万円の壁」
脱・家計簿!モノグサさんでも「お金のノート」でカンタン支出管理

 

(著者プロフィール)

拝野洋子・・・ファイナンシャルプランナー。日々安心して暮らせるよう、今ある財産や人脈を有効活用したり、稼いで貯めたお金を無駄に減らさないよう節約したり、自らの社会経験や投資経験も元に生活に役立つ情報を提供します。