イマドキ会社員は「不動産投資」に興味津々!? 飛びつく前に気を付けること

freeangle / PIXTA

freeangle / PIXTA

何かと将来が不安な昨今。

自分の資金づくりのために「投資を始めたい!」と考える人も多いのではないでしょうか?

そして、2020年に東京オリンピック開催が決まったことで、今“不動産投資”に注目が集まっていることをご存知でしたか?

株式会社インヴァランスの「不動産投資に関する実態調査」によると、不動産投資の魅力は「老後の年金の代わりとして」という回答が、男女とも4割以上に上りました。

特に女性は5割以上と、男性の3割に比べ、不動産投資を年金として期待している向きが強いのが感じられます。

2020年の東京オリンピックに向けて、東京の不動産に注目が集まっている今、不動産投資についての注意点をお伝えします。

 

■どんな物件が魅力的?

不動産投資の1番のポイントは“物件選び”です。

やはり東京オリンピックを控え、東京の23区、都心がおススメ。特に駅近の物件はニーズがあります。

「新築マンションでなければダメなのか」というと、そんなことはありません。築浅の中古マンションなら十分需要が見込めます。

意外に思われるかも知れませんが「ファミリータイプ」より「ワンルーム」の方が需要があります。

これは、「ファミリータイプ」を求める層は、賃貸より分譲を選択する傾向があるからです。

都心の駅近で、築浅のワンルームマンションを選ぶことがポイントです。

 

■「利回り」に注意

広告などで見かける“利回り”ですが、これもきちんと押さえておきましょう。

利回りには、「表面利回り」と「実質利回り」があります。

「表面利回り」とは、得られる家賃を物件の購入金額で割ったもの

例えば1,000万円のワンルームマンションを購入し、家賃が月6万円だとすると、年間72万円の家賃を1,000万円で割ると7.2%の利回りになります。

これが「表面利回り」と呼ばれるものです。

しかし、不動産を購入するには「登記費用」や「不動産取得税」が必要ですし、ローンを組む場合は「利息」負担もあります。

購入後は「固定資産税」の支払い、「管理費」、「修繕積立金」なども必要です。

これらを考えると、実際の「利回り」は7.2%より大幅に下がることがわかります。

これが「実質利回り」と呼ばれるものです。

 

■購入後はココに注意

ローンを組んで物件を取得した場合は“金利の動向”に注意する必要があります。

変動金利でローンを組んだ場合、金利の上昇によって返済の負担が増えることに繋がります。

できれば、まめに繰上げ返済を行なうことが重要です。

また『不動産投資』の1番のリスクは“空室リスク”です。

いくら良い物件を選んだとしても必ず借り手が見つかるとは限りません。

信頼できる管理会社を見つけて、入居者の管理や物件のメンテナンスなどは任せる方がよいでしょう。

 

いかがでしたか?

『不動産投資』は、ローンを組みながらできるということで、自己資金がない方でもできる投資とは言えますが、購入後もローン以外に固定資産税などの経費がかかりますし、不動産はすぐに売れるとは限らないという“流動性リスク”についての注意も必要となります。

購入した後で「こんなはずではなかった」とならないためにも、くれぐれも慎重に、ということをアドバイスしたいと思います。

 

【WomanMoney】

WomanMoney(ウーマンマネー)は、「輝く女性に向けて素敵なマネーライフを提案」をメディアコンセプトに、いつまでも輝いていたい女性にむけて、お金に振り回されなくなるお役立ち情報を発信するサイトです。

家計簿代わりにもなる!クレカからデビットに乗り換えた方が良い人の特徴
3日坊主でもこれならできる!簡易家計簿のすすめ
脱・家計簿!モノグサさんでも「お金のノート」でカンタン支出管理

 

(中村真里子)