上手く使えば電気代も超安くなる!? 正しい「エアコン」の選び方

 

3月に入り、徐々に気温が高くなってくるこの季節。

短い春が終われば、あっという間に、じめじめとした梅雨、そして暑〜い夏がやってきます。

そうなってくると気になるのが、「エアコン」の選び方。

エアコンを買い換える時って、ほとんどの人が「壊れた時」だったりしますが、壊れてわずか数日で商品を決めるのは少しリサーチ不足です。

どんなポイントでエアコンを選べばいいのか、そのポイントをご紹介しましょう。

 

ishii

解説してくれたのは、Sumaiでも執筆中の家電ライター「石井和美」さん。

「日経トレンディネット」や日本経済新聞「日経プラス1」などでも、多数執筆・連載中のすごい方なんです。

そんな石井さんと、三菱のエアコン「霧ヶ峰」シリーズの最新製品体験会にお邪魔しながら、エアコンを選ぶコツについて伺ってきました。

 

 

■同じ室内で「2種類の風」を送る!?

同じ室内なのに、パパは「暑い!」とエアコンを切りたがるから、ママは厚着とひざ掛けでなんとか凌ぐ……なんてこと、ありませんか?

夏なら、料理しているママは汗だくなのに、リビングでくつろぐ家族を思ってエアコンを強くできなかったり……。

同じ室内なのに、寒いと感じる人もいれば暑いと感じる人もいて、リモコン争奪戦になりがちな自宅のリビング……なんとかならないのでしょうか?

0IMG_7429

「霧ヶ峰」が満を持して登場させたという新製品「FZシリーズ」の特徴は、2つのプロペラファンで2種類の風を送れるようになったこと。

独立して動いている2つのファンがあるから、「右側からは強い冷房、左側からは弱い冷房」、「右側からは強い暖房、左側からは弱い暖房」といったように、同じ室内で違う温度の風を作れるようになったのだそう。

 

ishii

実は、エアコンの消費電力って、ここ5年くらい大きく変わってないんですよ。

――え、そうなんですか!?

ishii

そう。今までのエアコンって「ラインフローファン」と言って、1つの細長いファンが入ってたんです。

日本は消費電力の規定が厳しいので、各社企業努力を重ねて消費電力を究極にまで削減させてきました。でも、もうエアコン本体を大きくする以外に、これ以上大幅な消費電力の削減は期待できそうになかったんです。

 

「FZシリーズ」はこれまでのエアコンと違って、全く初めての仕組み。

まず特徴的なのが、左右に独立した2つのプロペラファン「パーソナルツインフロー」を搭載したこと。

また、熱交換器の形を変えることで、同じ本体サイズの中でも体面積を増やし、新開発の小型高性能DCモーターを採用することで、従来のZシリーズに比べ、大幅に消費電力を下げることができたんです。

 

■冷風と送風を使い分ければ、電気代は爆安に!

2種類の風を出し分けるなんて、どうやってるの……?

と、そのヒミツが「ムーブアイ極(きわみ)」というサーモカメラ。

約1分で1周する

約1分で1周する

このサーモカメラが人の温度を0.1℃単位で見極めているそう。

0IMG_7457

左が「ムーブアイ極」に搭載されているサーモカメラ。撮影しているレンズの大きさまでバッチリ。右は従来型。

人の「寒くなると手足から冷たくなる」性質を利用して、「この人が今暑いと感じているか?寒いと感じているか?」を自動判断し、「右側と左側でどのように風を出し分けたらいいか」をコントロールしているんだとか。

 

ishii

これまでもサーモカメラはありましたが、360°ぐるりと対応しているのは「ムーブアイ極」が初めてなんですよ。

――それってどう良いんですか?

ishii

エアコンの真下にソファが置いてある場合とか、窓際の温度までしっかり見てくれるんです。人のくつろぐスペースはエアコンの正面とは限らないでしょ?

――あっ、そっか!

 

この“人の体温を感知して風を出し分けする”機能によって、電気代もより安くなるおトクなメリットも。

たとえば夏の朝方などは「エアコンにするか扇風機にするか迷う」なんてこともありますよね。

そんな時も、この「ムーブアイ極」が人の体温を検知して、送風にするか冷房にするかをコントロール。

送風時の消費電力は冷房時のわずか1/10。なんと扇風機よりも安いのだそう。

もちろん気温や体温が上がれば自動的に冷房に切り替わるので、非効率で無駄な消費電力を最小限まで食い止めることができるのです。

 

ishii

エアコンを選ぶ際は、適応畳数を見て、お部屋の広さに合わせたものを選ぶこと。

ただ、例えば、16畳のリビングで、14畳タイプと18畳タイプで迷ってしまったら、18畳タイプのほうがオススメ。

エアコンって、“室温が安定するまでの起動時”に大きな電力を必要とするんですよ。だから早く室温を安定させたほうが、結果電気代は安く済むんですよね。

――これは目から鱗!

 

■短時間なら、止めないほうが安い!?

ishii

ちょっとコンビニやゴミ出しに行く程度なら、エアコンは付けっぱなしのほうが安上がりって知ってました?

さっきも言ったとおり、気温が安定すればエアコンの消費電力は小さくなります。むしろ切ったり付けたりするほうが電気代は高くなりがちなんです。

――でも、もし「コンビニに行くつもりがカフェになって、意外と長引いちゃった」なんて時は……?

と、優柔不断な心配を見せる編集部。

だけど大丈夫! 先ほどの「ムーブアイ極」が、人がいなくなったと感知したら、セーブ運転に切り替え、ずっと人が帰ってきてないと判断したら3時間で停止する機能も。

――エアコンを付けっぱなしで出かけてしまって青ざめた、なんてことも無いなんて嬉しい!

 

■「直線的なエアコン」は部屋になじむ

FZシリーズの充実した機能もご紹介しましたが、インテリア性も気になりませんか?

0IMG_7425

壁や天井、窓など、直線的なものが多い部屋には、エアコンも“直線的”であると、馴染みやすいそう。

フラップやムーブアイ極は全て格納されて、シンプルな立方体へ。

0IMG_7437

よく見ると、表面には細い横線が入っていますね。

ishii

エアコンって大きさも結構あるから、のっぺりしているとかえって悪目立ちしちゃうんですよ。

表面に施された「ヘアライン加工」は木目に合うから、ナチュラル系のインテリアにもピッタリです。

 

■今回は紹介はなかったけど……ここもポイント!

・「タッチパネル」式リモコンで説明書要らず!

0IMG_7567

最近のエアコンって、多機能すぎて、いまいち機能を全部使いこなせない……なんてことも多いですよね。そんな時に便利なのが、タッチパネル式のリモコン。

機能それぞれに説明がついているから、説明書を見なくてもそのボタンがどんな機能なのかを把握できるんです。

 

・フラップが取り外せて、エアコンの中まで清潔に!

0IMG_7470

クーラーの送風口のフラップって、ホコリや水垂れ、油汚れなどで、ものすごく汚れがち。だけど、手は届かないし、なかなか奥まで掃除できないですよね。

これを取り外して掃除できるのは、すごく便利!

ishii

エアコン内部の内部の汚れを防ぐ「ハイブリッドナノコーティング」を熱交換器やファンにも塗布しているから、匂いも気にならないんですよ。

 

エアコンの機能を上手く使えば、電気代ももっともっとおトクに、より快適な空間が作れるんですね!

家族が1番集まるリビングだからこそ、もっとリビングに集まりたくなるような快適空間を目指してみてはいかがですか?

 

霧ヶ峰