細かいことは要らない!オシャレグリーン「多肉植物」って、簡単に増やせるって知ってた?

多肉植物の植木鉢

ケイト / PIXTA

観葉植物の中でも、特に人気な「多肉植物」。

毎日水をやる必要がなく、初心者でも気軽に始めることができますね。

少し育て慣れてくると、もっとグリーンがほしい……!って思いませんか?

実はこの多肉植物、簡単に“増やして”楽しむこともできるんです。

さて多肉植物をどのように増やすのか?やってみましょう。

 

■まずは増やしたい分だけ、葉っぱをカット

多肉植物の増やし方は大きく分けて3つあります。

  • ひょっこり伸びたところをカットして「挿し木」にする方法。
  • 親株から子株へ移植する「株分け」する方法。
  • 葉をカットする「葉挿し」にする方法。

今回は一番シンプルで簡単な「葉挿し」にチェレンジしてみましょう。

_MRS6565 (640x425)

まずは、増やしたい数だけ葉をカットしましょう。

葉をカットする場合は根元から左右に揺すりながら摘み取ります。ほんの少し触れただけでも取れてしまう場合もあります。

 

■あとは、土の上に置いておくだけ!

平たい皿に小粒の土を敷きつめます。しっかりした葉を受け皿に並べ、日陰などの場所で保管します。このとき、水は与えないのがポイントです。

2~3週間で根が出始めます。土を軽くかぶせ2日後に霧吹きで水やりをしましょう。そのまま切り口を乾燥させて置いておくだけで10日~1ヶ月ほどで発芽します。

_MRS6560 (640x425)

20日後。切り口からひょっこり芽が出てきました。可愛らしいですね!

横から見ると根も生えているのがわかります。

30日もするとこのように頭が大きくなり始めました。このまま土の上にのせ、砂を軽くかぶせます。

_MRS6561 (640x425)

新しく生えてきた芽が大きくなると、元の葉っぱが枯れて、土に根を張り、すくすく育っていきます。

 

水をあまり必要としない多肉植物は、気が付くといつの間にか大きくなっていて、この時期成長が早いので観察するには楽しい植物です。

元の親葉が枯れて来たら、そっと切り取ってください。根っこが土に馴染んできたら次は鉢植えに移しましょう。

 

さて次回は、育てた多肉植物で寄植えをしてみましょう。