せっかく片付けたのに…を防ぐ!収納術のヒントは「表札」にあった

20150511MI0030

「せっかく片付けたのに、また部屋が散らかってきた……」

なんていう“リバウンド”、誰しもが経験あるのではないでしょうか?

わたしも今まで何度となくリバウンド経験をしてきました。

単身者ももちろんのこと、家族になるとなおさら、誰かが片付けても誰かが散らかす、という“リバウンド”は日常茶飯事ですよね。

全員が、決められた場所に、決められたものをしまう。

簡単なようで、とてもむずかしい、そんな収納作りをご紹介します!

 

まずは、物に「住所」を作っておく

20150511MI0031

我が家の使用頻度の高いものたちを収納しているキャビネット。家族みんなが使うため、リビングに置いています。

特に多く物が集結している引き出しは、ハサミ、のり、ホッチキスのような文具類から、爪切りや耳かきのような日用品など、無印良品の整理トレーを使って1つ1つの住所を決めています。

「ものの住所を決める」、これはただ単に、仕切っているだけではダメ。この中に片付けのリバウンドを防ぐ大きな工夫があるんです。

 

住所を作ったら、「表札」も付けてあげよう

20150511MI0032

それは、トレーの底にラベリングしていること!

こうしておくことで、使った後も、どこに何が入っていたのかが分かり、必ず定位置に戻してくれるんです。

以前は、「これってどこに戻すの?」と家族から聞かれることが多かったり、さらには、子供達は戻す場所が分からないことで、物を出しっぱなしにしたりすることもありました。

物の住所を決めたら、そこに表札を付けてあげるようなもの。

家族も自然と片付けに協力してくれるようになりました。

 

参考にしたのは「学校の収納」

20150511MI0033

 

20150511MI0034

物の表札はこんなところにも……。

実はこの方法を思いついたのは、小学校の教室なんです。

大勢の子ども達が過ごす教室。環境も育ちも違う子ども達が何十人も過ごす教室なのに、いつも整理整頓が行き届いているのにびっくりしました。

学校で取り入れているのがこの方法。物の住所が明確なので、自然と物を戻すことができるのです。

 

片付けや収納のヒントは、案外いろいろなところに転がっているものです。これで片付けのリバウンドの心配なし。ぜひお試しくださいね!