銀行預金じゃ物足りない方に…月1万円で始められる「積立」投資

bee / PIXTA

bee / PIXTA

もうすぐやってくる新年度。

これを機に、「積立貯金をしてみよう」と考えている人もいるかもしれませんね。

「だけど、銀行預金は金利が低いしなぁ……」という方に、「投資信託の積立」についてご説明しましょう。

 

■「投資」はまとまったお金がないとできない?

「投資」と聞くと、どうしてもまとまったお金、最低でも何十万円という金額が必要と思われるかもしれません。

確かに「株式投資」はそれなりの資金が必要ですが、『投資信託』なら1万円程度から投資することができます。

 

■『投資信託』で積立を行うには?

毎月いくら積立を行うかを決めて、投資信託の『自動購入サービス』を申し込みます。

このサービスにより、毎月決まった日にちに指定の口座から決めた金額が引き落とされ『投資信託』を買い付けることになります。

証券会社の口座はもちろんですが、銀行口座からも引き落としは可能です。

 

■『ドルコスト平均法』とは?

毎月一定額を買い付ける買い方を『ドルコスト平均法』といいます。

例えば毎月1万円である投資信託を購入するとしたなら、その投資信託が5千円のときは2口購入でき、2万円のときは0.5口購入するということになります。

つまり、値段が高いときは少ない口数しか買えませんが、値段が安いときは多くの口数が買えることになります。

 

■「積立」はなぜ、威力を発揮するの?

『投資信託』は、株式とは違って“いくらで買いたい”と自分で値段を決めることができません。

1度『投資信託』を買ったときが、運悪くたまたま値段が高い日だったということもあり得ます。

しかし、“積立”の場合は、毎月決まった日に引き落としされるので“購入のタイミング”を気にすることはありませんし、ドルコスト平均法なら平均の買付単価が下げられることにもなります。

 

■注意点は?

『投資信託』は元本が保証されている商品ではありませんので『投資信託』を選ぶ目を持つことが必要です。

良くない『投資信託』を買ってしまうとずっと下がり続けるということもありうるからです。

良い『投資信託』を選び“長期投資”をすることが大切です。

 

いかがでしたか?

ネット証券では毎月500円から積立できるところもあります。

家計にムリのない範囲で始めてみるのもよいのではないでしょうか。

『投資信託』の積立を地道にコツコツ行うことにより貯蓄の習慣も身に付きますし、”積立貯金”よりも成果が期待できる可能性もありますね。

 

【WomanMoney】

WomanMoney(ウーマンマネー)は、「輝く女性に向けて素敵なマネーライフを提案」をメディアコンセプトに、いつまでも輝いていたい女性にむけて、お金に振り回されなくなるお役立ち情報を発信するサイトです。

家計簿代わりにもなる!クレカからデビットに乗り換えた方が良い人の特徴
3日坊主でもこれならできる!簡易家計簿のすすめ
これはダメ!いくら貯めてもハッピーになれないNG貯蓄法3つ

 

中村真里子・・・関西のファイナンシャルプランナー(CFP)・社会保険労務士。

自身の進学や病気、買物依存の状態の際に「お金」のことで大変な思いを味わったことで社会保険のありがたみや疑問、家計管理の大切さを知る。家計簿による家計管理を推奨している。

「社会保険の認知と健全な家計管理のお手伝い」「お金のためにやりたいことを諦めない」がモットー。経理事務の経験がいろんなところで役に立っています。株式投資歴は25年になりました。