殺虫剤を使うよりGOOD!びっくりするほどイチコロな「ゴキブリ」対策

Zastolskiy Victor / shutterstock

Zastolskiy Victor / shutterstock

家庭の永遠の敵、ゴキブリ。

出てこないのがもちろん1番良いのですが、出てしまったら確実に駆除することが大切。

だけど「殺虫剤」で殺すのがためらわれてしまうこともありませんか?

キッチン周りであれば、殺虫剤を使うのは気がひけるし、ペットや赤ちゃんが居れば、床に残った薬剤も気になります。

殺虫剤を取り出す間に逃げられてしまった……!なんてこともあるかも。

そんな時、ゴキブリの特性さえ知っておけば、実は身近なものでも、殺虫剤代わりになるんですよ。

 

■1:食器用洗剤

台所で皿洗いをしている

kaka / PIXTA

もっともゴキブリが出やすい、キッチン周り。

食品を扱う場所なだけに、殺虫剤をところかまわず噴霧するのは、ちょっと抵抗がありますよね。

そんな時に便利なのが、食器用洗剤です。

実は、ゴキブリは「油虫」と書くとおり、油で覆われた毛で呼吸口を守っています。

ですが、食器用洗剤(に含まれる分解界面活性剤)は、油を良く落としてくれるので、ゴキブリの呼吸口はあっという間に水分でふさがり、窒息してしまうというわけです。

 

■2:シャンプー/ボディーソープ

シャンプーボトル

BOSE / PIXTA

お風呂場のシャンプーやボディーソープ、石鹸なども、同じ原理でゴキブリを殺すことができます。

わざわざ殺虫剤などをバタバタと持ってこなくても、身の回りにはたくさんの“武器”があるんですね。

 

■3:アルコールスプレー

スプレーボトル

simeneko / PIXTA

筆者がとくにオススメしたいのが、アルコールスプレーです。

消毒や掃除アイテムとして、アルコールスプレーを用意している家も多いと思います。

このスプレーを“ヤツ”にめがけて噴霧するだけ。プシュプシュしていると、あっという間に動かなくなります。

しかも、純度が高いアルコールスプレーは、そのうち気化するので、後始末も必要ありません。

消毒用としても使われるアルコールスプレーですから、キッチン周りでも、周りに食べ物や食器などがあっても気にせず使えるのも嬉しいですね。

アルコールスプレー自体も、掃除に消毒にと使えるので、ぜひキッチンに揃えておきたいアイテムです。

 

■4:熱湯

kouchan / PIXTA

kouchan / PIXTA

最後に使えるのが、熱湯です。

熱湯は、今まで紹介したものよりも、さらに言えば、殺虫剤よりも速く効きます。

ポイントは、熱々の熱湯を、なるべくたくさん(コップ1杯程度は)、そして一気にかけること。

ゴキブリに遭遇した時にたまたま近くに熱湯があった、というシチュエーションでない限り実用性は低いですが、薬剤等を一切使わないので安心です。

 

殺虫剤ももちろんですが、家の中には、使えるアイテムもたくさん。時と場所に合わせて、使い分けてみると良いかもしれませんよ。