春のパーティーにぴったり!自宅で気軽に「イースター」を取り入れるアイディア

shutterstock_131650646

近年だんだんと浸透しつつある「イースター」。

「イースター」は、キリスト教を信仰している国では“復活祭”としておなじみのお祭りです。

ハロウィンやクリスマスほど定着していないイースターではありますが、とことん楽しんじゃいませんか?

 

■イースターの歴史

イースターとはキリスト復活祭のこと。

全体的にキリスト教徒が少ない日本ではまだまだ浸透してきたばかりです。

ですので、少しだけ前置きとして説明をさせてください。

イースターは決まった日にちがあるわけではなく“春分の日の後の満月の日から数えて最初の日曜日”なので、毎年多少の変動があります。そして今年、2016年のイースターは3月27日です!

そしてイースターといえば、カラフルな「卵」が必須アイテム(パステルカラーで統一しても春らしくてかわいいですね)。

大型テーマパークでも大々的に宣伝していますし、これに関してはもう浸透しつつあるかもしれませんね。

 

■実は自宅でも手軽に楽しめるイースター

イースターに欠かせない、卵のモチーフ。

本物の卵でなくても、“卵型の何か”ならOKです。

本物の卵を、お子さまと一緒にペイントをしてもいいし、卵型に丸めた紙粘土や卵型の発泡スチロールで代用しても大丈夫です。

はじめから色がついている紙粘土を使えば、ペイントの手間を省くこともできちゃいますね!

 

■イースターで楽しめる“エッグゲーム“

これらの卵のモチーフを作ったら、次は、家族やお友達とゲームをして遊びましょう。

以下の3つは本場で行われている遊びなので、グローバルに文化を理解する上でも役立ちそうです。

 

・エッグハント

家中にイースターエッグを隠し、それを探して、カゴの中に集めるというゲーム。

ホームパーティーで行うのも大いに盛り上がりそうですね!

集めたイースターエッグは飾ってインテリアにすれば、春のお祭りの余韻を楽しむことができます。本場ではエッグハントの際にはパステルカラーの服を着て楽しむんだそうです。

 

・エッグロール

イースターエッグをスプーンで転がして行う“リレー”のようなものなのですが、まっすぐ転がらないので大人でも苦戦してしまいます。

うまく転がらなすぎて大笑いしてしまうかも!

 

・エッグレース

洋風のスプーン競争です。スプーンにイースターエッグを乗せて競争します。

リビングに軽めの障害物を置いて簡易コースをつくってみるのも楽しそう!

 

調べてみると以外にも、楽しそうなものばかりでした(ちなみに筆者的にはエッグハントに一番惹かれています!)。

春のお祭り、イースターを全身で満喫した後には卵料理で舌鼓。

もちろん本場でも、ペイントしたイースターエッグは最終的にしっかりと食べ切るそうですよ。

海外のお祭りの中で、日本の春の訪れを感じてみるというのもなかなか乙だと思います!

ぜひ今年はイースターを楽しんでみてはいかがですか?