ちゃんと貯まってる?簡単にできる「貯蓄状況セルフチェック」

Graphs / PIXTA

Graphs / PIXTA

ついこの前正月を迎えたと思っていたのに、気づけばもう3月も終わり。

1年の4分の1が過ぎてしまいました。

さて、ここで質問です。

「貯金できてますか?」

ドキッとされた方は要チェック! 簡単にできる、家計のセルフチェック方法をご紹介します。

 

■簡単!貯金額のセルフチェックの方法!

通帳

JIRI / PIXTA

まずは、すべての預金通帳を記入して、残高がわかるようにします。

そして、以下の手順で貯金額をチェックします。

  1. すべての通帳の2016年1月1日の残高を書き出し、合計する
  2. 同じく、すべての通帳の2016年3月31日の残高を書き出し、合計する
  3. 2から1を引き、差額を計算する

例えば、

  1. 300万円
  2. 325万円
  3. 325万円-300万=25万円

であれば、この3ヶ月で25万円、貯金が増えたことになります。

通帳以外の財形貯蓄も、同じように貯金残高を比較します。

ここで、「今年は貯金100万!」と目標を立てた場合は、3月で4分の1、つまり「25万円」貯金ができているので“計画通り”と安心できます。

よく「家計を管理するには、家計簿をつけないといけない」と思っている方が多いのですが、貯金さえ計画的にできていれば、ちょっとくらい家計がザルでも、収入がUPしていなくても、家計簿をつけてなくても、大丈夫なのです。

ポイントは「貯金の変化を見る」ことです。

では、目標どおり貯金ができていない場合は、どうしたらいいでしょう?

 

■計画通り貯金ができてない場合

どうして、計画どおりに貯金ができていないのでしょうか?

まずは、1~3に当てはまらないか、セルフチェックしましょう。

  1. 保険の保険料が高い
  2. 目標があいまい
  3. 何に使ったわからない支出が多い

1はよくあるパターンです。

どんどん保険料があがっていく更新型の保険に入ってないか、ムダな保険に入ってないか確認して、見直すことで支出が削減できます。

2は“何気に目標を決めてしまった”場合によくあることです。

目標があいまいだと、つい目先のことしか考えることができなくなります。

今一度「何のために貯金を増やしたいか」、「そのためにはいくら必要なのか」を考え直してみましょう。

3は忙しい女性によくある、「家計がザル」状態ですね。「あったらつい使ってしまう」というお金の法則を改善するには、先取り貯金が効果的です。

 

いかがでしたでしょうか。

あっという間に1年が過ぎて「今年もできなかった」とならないように、自分自身のために、今このタイミングで貯金額のセルフチェックしましょうね。

 

【WomanMoney】

WomanMoney(ウーマンマネー)は、「輝く女性に向けて素敵なマネーライフを提案」をメディアコンセプトに、いつまでも輝いていたい女性にむけて、お金に振り回されなくなるお役立ち情報を発信するサイトです。

家計簿代わりにもなる!クレカからデビットに乗り換えた方が良い人の特徴
3日坊主でもこれならできる!簡易家計簿のすすめ
これはダメ!いくら貯めてもハッピーになれないNG貯蓄法3つ

 

加藤葉子・・・ファイナンシャルプランナー。教育費と老後資金の貯め方・貯金の増やし方をわかりやすく伝える。離婚を機に勉強を始め、FP・産業カウンセラー・保育士の資格を取得。正社員、パートを経て、FPとして起業する。

現在は、ママの悩みを解決する個別相談を中心に活動している。シングルマザー、1児の母。試行錯誤しながら貯金を増やした体験、全国のママから寄せられる相談より、「お金の知識と知恵があれば、もっと楽に生きられる」ことを実感。

お金のことを勉強したいと願う女性向けに「教育費の賢い貯め方」「女性の生き方とお金」「仕事とお金」など講師としても活動中。