土が嫌!水やりが面倒!光が入らない!…そんな悩みに対応する「観葉植物」って?

imnoom / shutterstock

imnoom / shutterstock

インテリアに取り入れたいアイテムの定番といえば、グリーン(観葉植物)。

しかし、あなたの家に観葉植物はありますか?

やっぱり……無い?

そこで今回は、「観葉植物の初心者」が抱えている(かもしれない)疑問を、このコラムで1つずつ解決していければいいなと思います。

 

■リビングに置きたい憧れのインテリアだけど……

マイナビニュース調べの「新婚夫婦のリビングに置きたいインテリア」は何かというアンケートで堂々の第3位にあげられたのが、今回のコラムのテーマである「観葉植物」。

実際に、筆者の周り(未婚・既婚関係なく)に聞いてみても、「観葉植物を部屋に飾りたい」という人は圧倒的に多いということがわかりました。

しかし、「実際に観葉植物を部屋に飾っているか?」と聞いてみると、それに関しては「NO」と答えた人がほぼ全員という結果に!

ではなぜ、観葉植物に憧れを抱きながらも、実際に手を出す人が少ないのでしょうか?

「まず、家の中に土を入れたくないんだけれど。」(20代女性/未婚)

「毎日の水やりを、ついうっかり忘れそう!」(20代男性/未婚)

「そもそもうちのリビング、日当たりが最悪だからムリかな?」(20代女性/既婚)

こんな悩みを解消できる観葉植物はないのでしょうか?

 

■「土を家に入れたくない!」そんな人には……

ポトス(Panuwat.T / shutterstock)

ポトス(Panuwat.T / shutterstock)

  • ポトス
  • アイビー
  • パキラ

これらは丈夫で耐陰性に優れている(つまり初心者でも育てやすい!)だけでなく、ハイドロカルチャーにも適している観葉植物です。

「ハイドロカルチャー」とは、土のかわりに焼き土の粒などを使い、そこに植物の根を絡めさせて育てる育て方のこと。

ハイドロならば、土のカビ臭さが気になることはありませんし、うっかり鉢植えを倒してしまった場合でも掃除が(土よりは)簡単です。

 

■「水やりがめんどくさい!」そんな人には……

サボテン

サボテン(Julia Karo / shutterstock)

  • パキラ
  • モンステラ
  • サボテン

サボテンはいわずもがなかもですが、他2つに関しても水やりは週1~2程度でOK。

忙しい生活を送っている人にもおすすめです。

 

■「部屋に日光が入らない!」そんな家には……

カジュマル(violetblue / shutterstock)

カジュマル(violetblue / shutterstock)

  • ガジュマル
  • ポトス
  • ケンチャヤシ

これらの観葉植物はどれも耐陰性に優れているので、日当たりの悪い部屋でも余裕で成長してくれます。

 

■100均アイテムを上手くつかって、観葉植物デビュー!

取り入れたいけど、ちょっとハードルの高い観葉植物。

最初から気合を入れて購入すると、気負いしがちですが、簡単に100円ショップでも始められます。

筆者がとくにオススメするのは「ハイドロジュエルポリマー(プラントビーズ)」。

水やりの手間が大幅に省けるだけでなく、土も要らず、さらに干からびても、再度水を足してやればまた繰り返し使えるので、初心者には便利ですよ。

 

もうすぐ新年度。4月からは観葉植物のある、オシャレな生活にシフトしてみませんか?

 

【関連記事】

※ 上手く使えば電気代も超安くなる!? 正しい「エアコン」の選び方

ちょっと敷居が高い…「住宅展示場」ってどんな風になってるの?

ブロガー2人が体験!いつものインテリアライフで「スマホの利用料金」を節約するワザ