1,000万オフに成功!値引きしやすい不動産会社の選び方【低コスト・低リスクへの挑戦】no.4

509bbe83e411a3c1c4ba5a939c8ffe56dfa54fe1

(前回までのあらすじ)

住まいのプロとして私が常々感じていたこと。

それは、多くの住まいが「価格が高く、リスクがあり、似たようなものばかり」だということです。

“住まいのコンサルタント”である筆者が、これまで培った知識と経験を総動員させ、「低価格、低リスク、自分らしい住まい」を自ら作ったら、どうなるのか?

「住宅購入のリスク」をいかに削れるかという、試行錯誤の住まい探しの日々が始まりました。

 

今までの【低リスク・低コストへの挑戦】シリーズを見てみる

 

■浅草に見つけた、築48年、わずか8坪のビル一棟

物件を探す時には、「この条件が無ければ家は買わない」という“絶対必要条件”を、3つだけ挙げることが大切だという話は、前回お話しましたね。

筆者の場合は、以下の3つ。

  1. 一戸建て
  2. 都内で駅から徒歩10分以内
  3. 購入リスクが低い

レインズ、地元不動産屋、インターネットと、物件情報が掛かるよう網を張り、その3つの条件に合う物件情報を待つこと2ヶ月。

東京浅草で、条件を満たすこんな物件が出てきました。

売一棟ビル、2,550万円

<土地>
所有形態:所有権
地積:26.45平米(8.00坪)
地目:宅地

<建物>
所有形態:所有権
築年月:昭和43年9月築
構造:鉄骨造陸屋根3階建
床面積:1~3階 18.24平米
延床面積:54.72平米(16.55坪)
物件名:浅草売ビル
交通:東京メトロ銀座線「浅草」徒歩9分

一棟ビル、敷地8坪、昭和43年築……。

気になるポイントは多々ありますが、筆者が設定した絶対必要条件3つの内、1と2は満たしています。

3の「購入リスク」は、価格調査、不動産調査、建物調査をしてみなければ分かりませんが、販売価格が安いことから、リスクが低い“見込み”はありそうです。

この浅草一棟ビルを候補物件として、検討を始めることにしました。

 

■支払額を「1,000万円分」値引き成功!そのワケは……?

この候補物件を見つけたのは、物件仲介の情報サイト。

本来であれば、2,550万円に手数料などがかかって、実際の総支払額は2,700.5万円になります。

しかし、それを1,700万円まで値下げすることに成功!

約1,000万円の値引きを行うことができました。

内訳はこんな感じです。

 

【仲介サイトを通して買った場合】

2,550万円(建物代+土地代)+68万円(建物代消費税)+82.5万円(買主分仲介手数料)
=2700.5万円

※売主が仲介に支払う手数料は82.5万円。

 

【筆者の場合】

1,700万円(土地代)+0円(建物代消費税)+0円(買主分仲介手数料)
=1,700万円

※売主が仲介に支払う手数料は0円。

 

どうしてこんなに値引きに成功できたのでしょうか?

それは、不動産会社を選ぶ時のポイントにあるんです。

 

■「値引きしてくれやすい不動産会社」の選び方

一口に「不動産会社」と言っても、その立場は大きく分けて3つあります。

  1. 売主
  2. 代理
  3. 仲介

不動産の売買で掛かるお金は、「物件価格+仲介手数料」。

「安く買う」ということは、具体的に「物件価格」と「仲介手数料」を安くする、ということ。

そのためには、「物件価格」の交渉を行える、「仲介手数料」がなるべく掛からない不動産会社を探すことが必要です。

不動産を安く購入するという観点では、「売主」を選ぶことが1番です。

2、3は、売主から仲介手数料をもらって販売する以上、やすやすと値引き交渉に応じられません。

その上、仲介手数料が販売価格に応じて変動するので、「値引きをする=仲介手数料が減る」ということになり、値引き交渉はなるべくしたくないのです。

また、「売主」にしてみても、直接契約してくれるのであれば、2や3に仲介手数料を払う必要がないので、その分を差引いても損をしない、とも言えます。

もちろん、売主と直接契約できれば、仲介手数料も発生しません(代理の場合は、原則的に仲介手数料が必要ですが、相談可能な場合もあります)。

 

このように、不動産会社の立場によって、売買に掛かる費用が変わる可能性があるため、不動産会社選びはとても重要なことなのです。

候補物件が見付かっても、焦らず、まずは最も有利な不動産会社探しから始めましょう。

じっくり不動産会社選びを行い、売主と直接交渉することで、低リスクへ一気に近づきますよ。

 

【低リスク・低コストへの挑戦】

no.1 家のプロが、自分で家をつくったらどうなる?

no.2 住宅購入は本当にリスクが高いのか?

no.3 プロが実践した「物件探し」のやりかた