家族のコレクションはどうする?【ミニマムライフへの道】no.9

 

(あらすじ)

「無意味なモノ達大歓迎!」「趣味のモノは飾ってこそ!」の心情のもと、雑貨にあふれた我が家。

とうとう、憧れの「都内で庭付き平屋」を購入したものの、その新居は、わずか37平米。

処分できるものは、とにかく処分しなくては。

「ミニマムライフ」への道が始まります。

 

【ミニマムライフへの道】今までのシリーズを見てみる

 

■家族の「コレクション」をどうするか?

1459428258873

一人暮らしならいざ知らず、家族がいると、なかなか断捨離も思うように上手くいきません。

とくに、“コレクター癖のある趣味持ち”は、家族の理解が大切ですよね。

家族から見たらガラクタでも、本人にとっては大切な宝物。

そういったものをどうやって処分していけばいいのか?

我が家にも、そういったアイテムがあります。

 

■音楽CDにやっと着手!かと思いきや……

1459428221048

先週末の夜、夫が突如「今からCDの整理をする」と言い出しました。

今まで手付かずだった領域です。

「おっ、とうとうその気になってくれたのか!」と心でガッツポーズ、ダンボールの空箱をいそいそと出して来てあげました。

音楽や映像好きな人の、CDやDVDの量って、本当にすごいですよね。

1459428259640

うちは、そこまでの量ではありません(と、思う)。

写真のIKEA製ラック4本分で、約300枚程。

ひとまず全て出して、黙々と仕分け作業です。

夫のコレクションですから、私はノータッチでお任せしていました。小一時間も過ぎた頃、「終わった!」という知らせで確認に行くと、こういう状態に。

1459428219065

そして聞いた信じられない言葉……。

「持って行く分を箱に詰めたよ。で、こっちは処分する分」

一瞬、聞き間違いか? 冗談で言っているのか?と思いました。

 

■自分でも不思議な気持ちの変化

……え? 処分するのって、たったのこれだけ?

「持って行く」とした上の箱、こんなに!?

この量の差。家の広さは半分になるというのに。どこへ仕舞うつもりなのか……?

目眩と動揺を覚えずにはいられませんでした。が、反対にまったくニコニコと、悪びれもしない夫の様子に、どうも怒ることが出来ません。

それは何故なのでしょう……?

 

■それは執着、それとも愛着?

バージョン 2

音源をダウンロードしておけば、ディスクを持たなくても済む時代だというのに、多くのCDを持ち続けようとする夫。

反対する気になれないのは、やっぱり“音楽”が本人にとって本当に長い間、そしてこれからも、とても大切な存在なのだと気付かされたからでした。

考えてみれば、結婚生活よりはるかに長い付き合いなのです。

まさに「愛」ですね。

そんな確固たる思いの前では、センチ刻みでスペースをやりくりしようと躍起になっても、どうやら勝ち目はないようです。

自分の持ち物の方を調整して、なんとかすることにいたしましょう。

 

1459428220167

どうしてもスペースありきで、「これだけの量を処分しなければいけない!」と目標を課してしまう断捨離ですが、大切な家族の持つ想いは、何より尊重しなければと決めた出来事でした。

でも!

この「家族がもつ趣味への愛着」と、「捨ててスッキリさせたい!」という攻防は、まだまだ過ぎそう。(特に並んだギターとか)

……また目眩です。

 

>>次の話を読む

no.10 植木だって断捨離、泥にまみれて0円で

 

>>1話から読む

no.1 憧れの庭付平屋…だけど、家の広さが半分に!?