【PAPER WALL&CAFE nonowa国立店】ブックカフェで「インテリアのヒント」を見つけよう!

_DSC0579

いわゆる「本屋さん」とはまったく雰囲気が違う「ブックカフェ」。

本だけでなく、雑貨や文具、ときには食器や食品までが同じコーナーに並べられた店内は、見ているだけでも楽しくなる空間ですよね。

しかし「ブックカフェ」のメリットはそれだけではありません。

床や壁などの素材選びや照明づかい、くつろげる空間づくり、雑貨のディスプレイ術などインテリアのヒントが見つかるのも大きな魅力のひとつ。

ブックカフェのインテリア術を学ぶ、このシリーズ。

第3段は、2015年4月、JR国立駅高架下の商業施設『nonowa国立』内にオープンしたブックストア&カフェ、「PAPER WALL nonowa国立店」をご紹介しましょう。

 

■黒板ボードの使い方に注目!

_DSC0466

ベストセラーから、芸術書まで幅広い品揃えを誇る店内。

書籍はもちろん、雑貨の取り扱いも豊富です。

_DSC0476

動物のシルエットが愛らしいカップは、木工作家KIYATAさんの作品。こういった作家さんの作品とふいに出会えるのも、ブックカフェならではですね。

書店スタッフのセンスとアイディアが光ります。

_DSC0492

本棚の上には、遊びゴコロ満載の黒板ボードが。わかりやすい上に、更新もしやすく、マネしたくなるアイディアです。

_DSC0506

国産のものを中心にセレクトされた文具コーナーは、品揃えが豊富で見ごたえ抜群。

たくさんのアイテムがあるのに、雑多な感じがしないのは、1つの空間にあまり詰め込みすぎていないからでしょうか?

スライド2

味わいのあるにりんご箱や、アンティークのテーブルを什器に取り入れているあたりはサスガ!

置いているだけでも、充分存在感がありますね。

_DSC0488

マグネット式の個性的な本立ては、地元の安藤木工にオーダーしたものだそう。棚の側面を有効に活用できます。

_DSC0489

チョークで絵をかけば、本も立派なインテリアに!

 

■イベント内容に合わせたメニューやドリンクも!

PWCAFE国立 竣工写真_2

併設されているカフェも見逃せません。

朝7時オープンのモーニングからディナーまで利用できるカフェでは、地元・国立市産の野菜を積極的に取り入れたメニューが揃います。

偶数月には、地元の著名人などを招いてのイベントも開催。

イベントに参加すると、イベント内容に合わせてつくられるというプレートメニュー&ワンドリンクも一緒に楽しめるそう。

カフェ内に置いているアウトレット本であれば、カフェでいつでも自由に閲覧することができるとか。

ナポリ(ディナー)

オススメは、野菜を約5時間煮込んだオリジナルソースが絶品のナポリタン!ぜひご賞味あれ。

 

ネットや雑誌で情報収集するのもいいけれど、様々なモノや情報が集まるブックカフェなら、楽しみながらインテリアのヒントが見つかりますよ。

ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

【ブックカフェで「インテリア」のヒントを見つけよう!】

solid&liquid 町田店で見つけたヒント

埼玉富士見市・BOWLで見つけたヒント

 

【取材協力】

PAPER WALL&CAFE nonowa国立店(リンク切れ)

東京都国立市北1-14-1

telephone 042・843・0261 open 10:00 〜22:00(平日)10:00 〜21:00(土日・祝)

 

(取材・文 リライフプラス編集部 撮影/林 紘輝)