リノベできるオーダーメイド賃貸ってどんなもの?え!0円で!?(後編)

キッチン

前回は、0円でリノベできる、「オーダーメイド賃貸」という新しい賃貸のありかたをご紹介しました。

賃貸なのに、自分らしい部屋にリノベーションでき、さらにその費用はほとんどの場合で大家が持ってくれる、という、まるで入居者にとっては夢のようなスタイル。

しかし、「オーダーメイド賃貸」の魅力はそれだけではないんです。

 

■「自分らしいスタイルとはなにか」をとことん考えぬく

オーダーメイド賃貸が魅力的であることのひとつが、ほとんどの場合がサポート業者がつくというところ。

オーナーも入居者も設計デザインができる人たちとは限らないので、なんとなく抱いているイメージをカタチにしてくれる頼もしい“仲間”となります。

間取りの提案を受けたり、様々な建材のサンプルを見せてもらったり、ひとつひとつ選択していくことは想像以上に大変なことですが、そこが楽しくもある時間です。

自分たちがどんな生活スタイルを希望しているのか、どんな空間が好みなのか、改めて振り返ってみておくといいですね。

先程サポート業者を“仲間”と表現しましたが、オーダーメイド賃貸は物件の価値を最大限にあげるプロジェクトだと考えてください。

オーナーの投資の理由がそこにあります。入居者は「自分たちが退居することになったあとも、すぐに別の入居者が決まるようなお部屋をつくるんだ!」という意識がとても重要です。

 

■「家づくりの経験」はとても貴重なもの

オーダーメイド賃貸でどんなに気に入ったお部屋ができたとしても、“賃貸”ですので自分のものにはできません。

ただし、家族が増えたり、環境が変わってマイホームを持つ事になった時に、この部屋づくりの経験が活きることは間違いないですね!

よく「家づくりは3度行わないと満足出来ない」と言われますが、賃貸で1度経験できているというのは大きなプラスになることでしょう。

つくって住んでまたつくる。

工事費用についても、はじめての時は全く想像もつかないことだと思いますが、なんとなくでも感覚がつかめること、すべてを希望通りにするには、ほぼ100%予算オーバーになってしまうこと(!)が実体験として経験できるので、優先順位を考える力もつきます。

 

■契約書だけでない、人と人とのつながり

「オーダーメイド賃貸」は入居者にとっても、オーナーにとってもメリットのあることだと書いてきましたが、このやり方を誰もが実践できるわけではありません。

手間をかけてでもこの方法ができるのは、オーナーが入居者のことを思ってくれているからこそでしょう。

ほとんどの賃貸物件は、仲介業者や管理会社を通して契約書のやりとりをしただけの、お互い顔も知らない関係性。

そんな中で、入居者想いのオーナーの物件に安心して住めるということ。これこそが「オーダーメイド賃貸」の1番のメリットなのかもしれません。

 

チャンスをつかめた方には、ぜひ大切に住んでほしいと思います。

 

【関連記事】

0円でリノベ!? 「オーダーメイド賃貸」ってどんなもの?(前編)