男前インテリアのニューフェイス!? セリアの「ホースクランプ」で簡単DIY!

mtsyri / shutterstock

mtsyri / shutterstock

突然ですが、皆さんは「ホースクランプ」って知っていますか?

ホースクランプとは、本来ホースを留めるために使用する金具。

ですが、最近はDIYインテリアとして活用されているんです!

セリアでは「インテリアホースクランプ」として、インテリア目的のものとして販売されているほどの浸透ぶり。

ホームセンターやガーデンホース売り場などでも手に入りますが、一般的に販売されているホースクランプよりも、セリアの方が安く手に入ります。

では、ホースクランプで、どんなインテリアが作れるのでしょうか?

実際に、小物入れビンを作っていきましょう!

 

■用意するのは「ビン」と「ホースクランプ」のみ!

ホースクランプとビン

用意するのは、ビンとホースクランプ。たった2つだけです。

セリアの場合は大きさが3種類あるので、留めたいビンの内径に合わせて用意しましょう。

ホースクランを留めたビン

マイナスのネジを回して締めたり、緩めたりします。すき間があると落下の危険があるので、サイズはきちんと選んでくださいね。

取り付けるための板

直接ホースクランプを壁などに固定するのは大変なので、取り付けには板を用意します。

板はペイントしたり、壁紙を貼ったり自由にアレンジしてみてください。今回は杉板をシャビーな雰囲気に塗装しました。

ホースクランプを板に留める

ホースクランプには、大きさを調整するための溝が縦に入っています。基本的には留め具から遠い溝をネジで板にとめます。

留め具の位置を考えてネジ位置をずらしてもOKです。その場合、ビンが緩くならないよう気をつけてくださいね。今回はビンの径が小さいので留め具が横になるようにしました。

板に固定できたらビンを入れて、マイナスネジを締めていきます。しっかり固定できたら、壁にあった方法で板を取り付けて完成です。

板にビンを取り付ける

ホームセンターには他にもワイヤータイプやプラスネジで留めるものなどいろいろな形状があります。

ビンの大きさや金具の組み合わせを楽しむのもいいですね。

完成した壁掛け小物入れビン

ホークスランプで留めてあるものはネジを緩めると簡単に外すことができるので、サニタリーで使っても、洗って清潔に使うことができます。

 

ちょっとした収納やインテリアのアクセントにいかがでしょうか?

ぜひ、作ってみてくださいね!