日本にもほしい!10分の1サイズの「ミニIKEA」が登場するらしい

shutterstock_179159627

大人気の家具ブランドといえば、『IKEA』。

しかし、地方の住人にとっては「家の近くにIKEAが無い!」と嘆いている人も多いのではないでしょうか?

現在、日本では8店舗が展開され、広島に出店用地の確保ができていますが、関東に4店舗、関西に2店舗、東北と九州にそれぞれ1店舗と、それ以外の地域の人達にとっては、IKEAはなかなか遠い存在かもしれませんね。

日本のIKEAはネットショッピングを行っていないため、直接店舗に訪れる以外は商品を手に入れることがなかなか難しいのです。

しかし、海外のIKEAはちょっと様子が違うようですよ。

 

■海外のIKEAは「ネットショッピングOK」

SEKTION_Base_cab_f_cooktop_drawer_2_doors_-_wood_effect_brown__Filipstad_brown__30x24x30____Fö_-_IKEA

カナダのイケアストア。キッチンキャビネットもネット購入可能

 

実は、海外のIKEAではネットショッピングができる国も多くあるって知っていましたか?

雑貨や小さな収納家具などはもちろんのこと、大型のキッチンキャビネットなども、オンラインで購入できるんです。

 

■新しいIKEAは、今までの「1/10」の広さ!?

さらに、IKEAは2015年の後半には、今までの店舗(平均26万〜34万平方フィート)の10分の1程度、2万平方フィートの“ミニIKEA”を作ることを発表しているそう。

IKEAといえば、1日がかりで広大な敷地を回って、購入するころにはクタクタ……というイメージから、サッと行ってサッと購入、というスタイルになるのでしょうか?

このスペースであれば、郊外の大型店という従来の立地から、比較的都心部でも、また地方でも展開することができそうです。

 

■ネットで買ったものを、ピックアップ

この“ミニIKEA”は、即時持ち帰りできる99の製品を準備しているだけでなく、商品サポート窓口として、また、オンラインストアや他のIKEAストアで購入した商品のピックアップとして、オンライン購入するためのコンピュータステーションとしても利用できるそう。

車を所有していない人や、わざわざIKEAに行くほどでも……という雑貨などが気軽に購入できるとなれば、よりIKEAアイテムが多くなりそうですよね。

 

この“ミニIKEA”は、イギリスのロンドン、カナダのケベックに、まずは展開するそう。オンラインストアがなく、また公共交通機関が発達している日本にもピッタリだと思うのですが、日本展開も今後あるのかどうか、期待してしまいますね。

 

【参考】

IKEA Canada to Expand to London and Quebec City – IKEA

 

【画像】

Paolo Bona / Shutterstock.com