ほんとの意味は“ネコの歩道”じゃない!? 「キャットウォーク」【くらし事典】

住まいは、毎日の暮らしの中心の場所。

私たちの暮らしには、様々な言葉があります。

中には、パッと聞いただけでは分からない難解なものや、聞いたことがあるけれど、意味はよく分からないものもありますよね。

暮らしにまつわる多種多様な用語を解説していくこの【くらし事典】では、そういった「分かっているようで分かっていない、気になるあのワード」にスポットを当てて、分かりやすく解説していきます。

 

■今日の気になるワードは……「キャットウォーク」

MNStudio / PIXTA

MNStudio / PIXTA

「キャットウォーク」と言われると、何となく「ネコの通り道」を想像しますよね。

実際、ネコを飼っているお家の中には、家の壁に板を渡し、ネコの遊び場を設けているお家もあります。

でも、「キャットウォーク」には、他にも意味があったって、ご存じでしたか?

 

■本当は、「高いところにある細い道」のこと!

jazzman / PIXTA

jazzman / PIXTA

確かに、「キャットウォーク」の本来の意味はネコの歩道です。

ネコは高いところや狭いところを好むので、高所にある細い通路はネコにとって居心地の良い場所になります。

転じて、現在では、劇場や工場施設の上部、ダムや橋梁などの高所に設けられた、点検や補修作業などのための足場のことを指すようになりました。街中でも、高層ビルや住宅の工事現場などでよく見かけますよね。

吹き抜けに設ければ、電球の交換や窓の掃除の通路として重宝するそうです。

ネコを飼っているお家だけでなく、私達も普段の生活の中で「キャットウォーク」を見かけているんですね!

街を歩いていて高いところに細い通路を見かけた時は、ネコの気分で見上げてみてましょう。