貼るだけ!インテリア上手に大人気の黒板壁を実現できる「黒板シート」

Photographee.eu / shutterstock

Photographee.eu / shutterstock

木や缶などに塗ると、塗った部分が黒板として使えるというチョークボードペイント。

この塗料を壁一面に塗ると、子どもが自由に好きなように落書きできて楽しそうですよね。

このチョークボードペイントは色も豊富でDIYを楽しむ方にとても人気があります。

でもDIY初心者には幅の広い板に塗るのは難しく感じてしまうかもしれません……。

そこで黒板には憧れるという方にはもっと簡単で手軽に楽しめるアイテムがあるのです。

 

■貼るだけ!「シート型黒板」が便利

IMG_3899

それはシールのように壁に貼れる「シート黒板」というものです。クロス壁紙やガラスの上の好きな場所にペタッと貼って黒板の完成。

IMG_3488

チョークで書いて、水拭きで落ちるので、子どもの落書きの他に伝言板やメモとしても使うことができます。

何度も使えるので、紙が無駄になりませんね。

IMG_3489

フリーカットができるタイプのシート黒板は自由度の高いアレンジが楽しめます。

他にもふくろうや猫などデザインの種類もあるのでアクセントとしてもいいと思います。

 

■粉の出にくい「ダストレスチョーク」

Gines Romero / shutterstock

Gines Romero / shutterstock

黒板を使う時に一緒に揃えたい「チョーク」。

一般的なチョークですと粉が飛び散って室内や衣服を汚してしまいます。意外と粉ってたくさん出てしまうのですよね。

この掃除が意外と大変です……。

そういった悩みを解決してくれる「ダストレスチョーク」。

粒子が重いので粉が舞いづらくできているというもの。

手で触っても手が汚れず、周囲も汚れづらくなっているチョークなので、一緒に使いたいですね。

 

■壁の汚れに注意

子どもが落書きで使う場合、シート黒板をはみ出して書くと壁が汚れてしまうことも……。

また、シートは場所や素材によっては貼れない場所もあります。

IMG_3393

そういった心配がある場合は、シート黒板を貼る前に、貼って剥がせる壁紙などを下地に貼っておきましょう。壁紙の日焼け防止にも役に立ちますよ。

 

子どもにとっては、怒られずに落書きができるのはとても楽しいはず。

また黒板ボードはインテリアにも最適です。壁一面は無理でも、こういったアイテムを利用してインテリアを楽しみたいものですね。