玉ねぎの皮もダメなの!? 意外と多い「ディスポーザー」のNG食品【くらし事典】

住まいは、毎日の暮らしの中心の場所。

私たちの暮らしには、様々な言葉があります。

中には、パッと聞いただけでは分からない難解なものや、聞いたことがあるけれど、意味はよく分からないものもありますよね。

暮らしにまつわる多種多様な用語を解説していくこの【くらし事典】では、そういった「分かっているようで分かっていない、気になるあのワード」にスポットを当てて、分かりやすく解説していきます。

 

■今日の気になるワードは……「ディスポーザー」

 kouchan / PIXTA

kouchan / PIXTA

皆さんは、この「ディスポーザー」というものをご存知ですか?

これは、シンクの下に設置される、家庭用の生ゴミ粉砕機のこと。

水と一緒に生ゴミを流して粉砕させ、下水道に流下させる仕組みを持ちます。

これがあれば、生ゴミが出たらすぐに処理することが出来るので、気温が上がる夏場などにも生ゴミのニオイを気にする必要がありません。

また三角コーナーの汚れが減ることからも人気があります。

最近は分譲マンションなどに搭載されていることも多いです。

 

■流しちゃいけない生ゴミはある?

遥花 / PIXTA

遥花 / PIXTA

「ディスポーザー」はモーターが付いている強力な機械のため、大半の生ゴミは処理できますが、入れてはいけないものもあります。

繊維質の強い食品、大きな肉の骨などは処理不可。

他にも、枝豆の皮や卵のカラ、カボチャなどの種、鳥の皮や魚の頭・骨もNG食品。

なんと、あの柔らかそうなタマネギの皮もダメなんです!

いずれも無理に流そうとすると、配管が詰まったり、故障の原因になります。

 

とても便利な家庭用生ゴミ粉砕機「ディスポーザー」。

正しい使用方法で、長く清潔に使っていきたいですね!