ゴミ出しが楽になる?家庭用生ゴミ処理機「コンポスト」のメリット【くらし事典】

住まいは、毎日の暮らしの中心の場所。

私たちの暮らしには、様々な言葉があります。

中には、パッと聞いただけでは分からない難解なものや、聞いたことがあるけれど、意味はよく分からないものもありますよね。

暮らしにまつわる多種多様な用語を解説していくこの【くらし事典】では、そういった「分かっているようで分かっていない、気になるあのワード」にスポットを当てて、分かりやすく解説していきます。

 

■今日の気になるワードは…「コンポスト」

 YsPhoto / PIXTA

YsPhoto / PIXTA

生ゴミを土に埋めると、微生物によって分解され、発酵して、植物の成長を助ける堆肥になります。

本来の堆肥は、自然の中で1~2年ほどの時間をかけて植物や動物の死がいなどが分解されてできますが、より発酵しやすい環境を作ってやることで、約1~2ヶ月での堆肥化が可能になるのです。

「コンポスト」とは、この現象を衛生的、そして効率的に行うための設備機器のことを指します。

 

■実はメリットも沢山あるんです!

bee / PIXTA

bee / PIXTA

家でゴミを処理できると言っても、何となく手間がかかりそうだとか、大変そう、なんてイメージがありますよね。

でも、実は良いことも多いんですよ。

(1)ゴミ出しが楽になる

ゴミの中でも、生ゴミはまめに処理しなければいけません。

長く家に置いておくわけにもいかないので、自然とゴミを出さなければならない回数も多くなりますよね。

「コンポスト」があれば、家で処理してしまえるので、ゴミの量自体が減って、ゴミを出す回数も減ります。

 

(2)生ゴミの腐敗や悪臭を防ぐ

生ゴミは、特に夏など、少しでも放っておくと嫌な臭いがしますよね。

「コンポスト」があれば、生ゴミは出たそばから処理できるので、夏でも嫌な臭いがすることもありません。

 

(3)自治体からに補助金が出る場合もある

ゴミ処理の問題に力を入れている自治体の中には、「コンポスト」を導入した家庭に対し補助金を出すところもあります。

自治体により、「コンポスト」を購入し、申請を出すと本体価格の約1/2を援助してもらえるなどの制度があるので、HPなどでチェックしてみましょう!

 

いかがですか?

家庭でゴミを処理する、というと、何だか大変そうに聞こえますが、実際、「コンポスト」が1つあれば、ゴミの量はかなり減ります。

また、意識的に「コンポスト」で処理できる食材を選ぶようにすれば、食材の無駄の削減や食生活の見直しなどにも繋がります。

家で料理をすることが多い方、ゴミ出しを面倒くさく感じている方など、検討されてみてはいかがでしょうか?