マンションでは共有部分になる?「ベランダ」&「バルコニー」の違いって?【くらし事典】

住まいは、毎日の暮らしの中心の場所。

私たちの暮らしには、様々な言葉があります。

中には、パッと聞いただけでは分からない難解なものや、聞いたことがあるけれど、意味はよく分からないものもありますよね。

暮らしにまつわる多種多様な用語を解説していくこの【くらし事典】では、そういった「分かっているようで分かっていない、気になるあのワード」にスポットを当てて、分かりやすく解説していきます。

 

■今日の気になるワードは…「ベランダ」&「バルコニー」

Vadim Georgiev/shutterstock

Vadim Georgiev/shutterstock

どちらも家の外に張り出したスペースのことをいう言葉で、いずれも一般的によく使いますよね。

でも、何が違うのかと言われると、どう説明してよいのか分からない言葉でもあります。

一体この2つの言葉は、どう使い分ければいいのでしょうか?

 

■決定的な違いは「屋根」!

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

「ベランダ」と「バルコニー」の最も大きな違いは、ズバリ「屋根」です。

「バルコニー」は、2階以上の階で床から張り出し、室内から出られるタイプの外部スペースのことを言います。

手すりやフェンスで囲まれ、屋根はありません。上階にバルコニーがあれば、それが屋根代わりになります。

一方の「ベランダ」は、洋風の建物の外に張り出した、「屋根」のついた外部スペース。

屋根があるので、雨が降っても洗濯物が干せるようになっているんですね。

 

■注意!マンションでは“共有部分”

最近は多くのマンションが住戸ごとのベランダやバルコニーを備えています。

プランターでガーデニングしたり、イスやテーブルを置いて、ちょっとしたアウトドアを楽しむ方も多いかと思います。

しかし、注意しなければならないのは、マンションのベランダやバルコニーは、エントランスやロビーと同様の扱いである、“共有部分”であることです。

隣戸との仕切り板や、避難用のハッチの周りに物を置くことは、万が一の時の避難ルートを塞ぐことになります。

絶対に止めておきましょう!

 

ベランダやバルコニーは、洗濯物を干したり、物を置いたり、遊び場にしたりと、使い方はその家によって様々です。

一方で、家の中のようなプライベート空間でありながら、人の目に触れる家の外観の一部でもあります。

外と内の境界線であるこのスペース、上手く活用していきましょう!