サニタリーにシェーバー…「家族に見せたくないもの」どこに置く?

YsPhoto / PIXTA

YsPhoto / PIXTA

突然ですが、皆さんは、家族に見られたくない生活必需品アイテムはありますか?

お風呂やトイレでは、何かと隠したいものも多く、中でもサニタリー用品やシェーバーは、その代表格ですよね。

できることなら隠しておきたい、と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

■家族に見られたくないもの、どうする?

「シェーバーなんて、やっぱり旦那には見られたくない。」(20代/女性)

「結婚して1番困った収納はサニタリー用品。」(30代/女性)

「出しっぱなしにしていいよって言われても、そんなわけにはいかないし。」(30代/女性)

最近筆者のまわりで、このような声が多くあがってきています。

皆さま収納場所に悪戦苦闘していらっしゃるようです。

 

■シェーバーには「珪藻土のコースター」が使える!

お風呂で使うタイプのシェーバーを使っている人が、使い終わった後いざ収納しようとしたときにぶち当たる壁。

それは“濡れている”ということ。

お風呂上りに洗面台の下などにしまおうと思っても、濡れているとやはり躊躇しますよね。

乾かしてから、なんて思っても、ただでさえ忙しい日々の中では面倒臭いこと、このうえありません。

そんな時、使えるのが珪藻土のコースターです。

最近“すぐ乾くバスマット”で注目されている珪藻土、実はコースターも販売されているんです。

コースターなら面積も小さいですので場所もとらず、とってもお手軽。

宣伝通りすぐに乾くので、おススメですよ!

 

■サニタリー用品はカゴor箱の中に

いくら隠したいとはいえ、やはりサニタリー用品はいざというときのためにもトイレの中に置いておきたいと思う人も相当数いるのではないでしょうか。

そこで使えるのがカゴや箱です。

そのときに、ひとつだけでなく数個揃えて置いておけば、サニタリー用品が入っていることを想像させる“いかにも感”も減らせます!

100円ショップでも十分に素敵なデザインのものが売られていますので、自宅の雰囲気に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

 

共同生活をしているパートナーであっても、見せたくないものはありますよね。

上手く隠して、ストレスのない夫婦生活を送っていきましょう!