ルンバの次は…自動「ぞうきんがけ」!? 今すぐお店でチェック

sub2

“お掃除ロボット”といえば、アイロボット社から出ている『ルンバ』を思い浮かべる人も多いのでは?

スイッチをポンと押すだけで、家中をぐるぐると掃除して周り、自分で充電スタンドまで戻ってくる姿に、思わず「かわいい〜!」と微笑ましくなっちゃいますよね。

だけど、掃除機でゴミを吸うだけが“掃除”じゃない。欲を言うと、そのあと“ぞうきんがけ”もしたいと思いませんか?

 

■「ぞうきんがけ」も自動にならないの?

とくに裸足で歩くことが多くなるこれからの季節は、ちょっと油断するだけで、床が皮脂汚れなどでベタベタと曇ってしまいます。

サラサラとした、歩き心地のいいフローリングを綺麗に保つためには、ぞうきんがけは必須。

かといって、床に這いつくばってのぞうきんがけは、腰も膝も痛いし、なによりめんどくさい!

なんとかならないの、これ!

 

■ぞうきんがけロボット「ブラーバ」

main

実は、ルンバを出しているアイロボット社には、“ぞうきんがけ”ロボット『ブラーバ』も登場していたって知っていましたか?

sub3

機械にクロスをセットするだけで、水拭き(ウェットモード)も、乾拭き(ドライモード)も可能なんだとか。タンクが内蔵されているので、途中でクロスが乾くこともなく、最大20畳まで一度にふけるんだそう!

段差の落下防止や、ホコリのたまりやすい家具下の掃除など、お掃除ロボットらしいメリットはそのままに、ウェットモードとドライモードで拭き方(動き方)を変えるなど、“ぞうきんがけ”を忠実に再現。

 

■97%の人が「買ってよかった!」

sub4

昨年の7月に登場したこの『ブラーバ』。早くもユーザーの心を掴んで離さない様子。セールス・オンデマンドが購入者を対象に行ったアンケートでは、97%の人が「満足してる」と答え、82%の人が「ウェットモード(水拭き)で使ってる」と答えています。

この「ブラーバ」、今まではアイロボット公式ストアのみでの販売だったですが、店頭でも販売することが決定したそう。

 

リアルで動く様を見られるようになると、とたんに身近に感じられますよね。興味のある方は家電量販店などでチェックしてみてはいかが?

 

【参考】

9割以上のユーザーが満足 床拭きロボット 「ブラーバ380j」2015年4月3日(金)より店頭販売開始 – セールス・オンデマンド株式会社