意外とお金がかかるもの?「吹き抜け」リビングのメリット・デメリット【くらし事典】

住まいは、毎日の暮らしの中心の場所。

私たちの暮らしには、様々な言葉があります。

中には、パッと聞いただけでは分からない難解なものや、聞いたことがあるけれど、意味はよく分からないものもありますよね。

暮らしにまつわる多種多様な用語を解説していくこの【くらし事典】では、そういった「分かっているようで分かっていない、気になるあのワード」にスポットを当てて、分かりやすく解説していきます。

 

■今日の気になるワードは…「吹き抜け」

kaori/PIXTA

kaori/PIXTA

「吹き抜け」とは、複数階の建物内部で、2層以上の高さにまたがって床を設けないスペースのことを言います。

戸建ての家では、玄関ホールや階段上に設ける場合も多くありますが、最近ではリビングの「吹き抜け」が増えていますね。

「吹き抜け」のリビングは、2階部分の床がない分、天井が高く広々とした空間になるので、解放感を味わえます。

更に天井近くに窓を設ければ、近隣の家に邪魔されることなく、日中の明るさをより確実に確保することもできます。

また、リビングやリビングにいても2階にいる家族の気配を感じることができるので、姿が見えなくても、誰かと一緒にいるという安心が生まれます。

これだけ聞くと、良いこと尽くしの「吹き抜け」リビングですが、実は、意外なところにデメリットがあるんです。

 

■「吹き抜け」リビングのデメリット

まちゃー / PIXTA

まちゃー / PIXTA

メリットとデメリットは表裏一体。

効率よく採光ができ、解放感が味わえ、家族の気配も感じられる「吹き抜け」リビングですが、一方でデメリットも存在しています。

(1)メンテナンスは難しい

天井が高いため、非常に開放感がありますが、高い位置にある窓の掃除や、照明の交換などが難しくなる、というデメリットも。

費用の掛かる専門業者を避けたい場合は、保守点検用のキャットウォークを設けるなどして、工夫しなければなりません。

 

(2)冷房効率はやや落ちる

1階・2階の区別がある家であれば、必要な部屋でだけエアコンを付ければ良いですが、「吹き抜け」のある家では、冬は1階で温めた空気が2階部分へ抜けてしまい、夏も熱気が上って2階にいる人は汗だくになる、ということもあります。

冷暖房の計画を家全体で考えなければならず、光熱費を抑えるために、断熱性や冷暖房の工夫が必要なんですね。

 

(3)臭いや音が伝わりやすい

「吹き抜け」の場合、仕切りがないために、キッチンの臭いやリビングのテレビの音などが、ダイレクトに2階の寝室などまで響きます。

家族でライフスタイルが異なる場合は、これがストレスになってしまうこともあるかもしれません。

家族がストレスなく過ごせるよう、防音対策などは、設計の段階からよく話し合っておく必要がありそうです。

 

いかがでしたか?

部屋自体は狭くても、広く見せることのできる「吹き抜け」。

明るく、解放感に溢れるリビングはやはり捨てがたいものです。

それぞれのデメリットをカバーした、暮らしやすい家作りを目指したいですね。