まさかの断捨離ベストワンはお気入りのソファー!【ミニマムライフへの道】no.13

(あらすじ)

「無意味なモノ達大歓迎!」「趣味のモノは飾ってこそ!」の心情のもと、雑貨にあふれた我が家。

とうとう、憧れの「都内で庭付き平屋」を購入したものの、その新居は、わずか37平米。

夫婦2人+大型犬1匹には厳しすぎる……。

処分できるものは、とにかく処分しなくては!

 

そう思い、アナログレコードのデジタル化に挑戦……してみましたが、惜敗。

気を取り直して、断捨離を進めていきましょう!

 

【ミニマムライフへの道】今までのシリーズを見てみる

 

■お気に入りのソファーにお別れ……

先日、リノベの残材と一緒に、家庭で処分しにくい家具類も回収してもらいました。

1464654556837

新居が今の半分になるという極端な変化に対応するため、計画の初期段階では全く思いもしなかった様々なモノたちも、高々とトラックに積まれて去ってゆきました。

なんといっても、その筆頭は大のお気に入りだったソファーです!

まだ独身時代に友人から譲り受け、もう25年以上も欠かせない家具でした。

たまに浮気しようと色々見ても、やっぱりこれを超えるソファーは無いね……と夫とも意見が共通していたのですけどね。

皆さんも同じだと思いますが、家でくつろぐ・テレビを観る・人が集まる、そんな時ソファーはその中心になります。

1464655256964

1464656724641

我が家でも、勿論最初はこのソファーを持って行くつもりで、置く場所も計算してプランを作っていたのですが……。

やはり紙の上で考えている時と、実際に出来上がってその室内に立ってみるのとでは違います。

ソファーが絶対に入らないわけではないのですが、テレビとの位置関係もいまひとつ。

あれこれと引越前に旧宅で考えているうちに、ふと目に止まったもう1つの大きな家具。

それは…….。

1464665269233

そうだ、ベッドもあるじゃないか!

次の家はワンルーム。当然そこにはダブルベッドも置かれます。

このベッドがソファーも兼ねた家具と割りきってしまえば、それでもいいんじゃないだろうか?

早速シュミレーションしてみると、テレビとの位置関係も良い。

ベッドカバーでスッポリ覆い、クッションを置けばゴロンと寛げるソファーとしての役割は果たせます。

1464659497395

ソファーは当然有るべきものと思い込んでいたのですが、でもそういえば小さい頃って、子供部屋では机とベッドで生活を済ませていたものだったと思い出しました。

狭小平屋での生活はその延長上にあったのです。

固定観念が根底から覆された瞬間でした。

気のおけない友人を集めてのパーティーであれば、ベッドでも床でも好きな場所で楽しんでもらえれば良いのでは?

そこまで決めたら、もうソファーを置かない選択に迷いはありませんでした!

これはソファーを置く予定だった窓辺です。ダンボールがまだまだ沢山あります……。

1464659499307

床と壁が見えて視線が抜けるため、狭い部屋を広く見せてくれています。

一方で、ダイニングテーブルは今までより大きいサイズを購入しました。

広げれば4、5人は余裕で食事が可能です。

1464659498525

「(物を)兼ねる」と「(視線が)抜ける」。これは狭小住宅において重要なポイントですね。

なんて偉そうに書いていても、おびただしい数の雑貨はまだ全然減っていません!

これが一番の問題なんですけどね。

 

>>次の話を読む

no.14 モノが減るだけではない、断捨離がもたらしてくれたご縁

 

>>1話から読む

no.1 憧れの庭付平屋…だけど、家の広さが半分に!?