「のし紙」がオシャレに変身!? プチギフトにピッタリのラッピングアイテムを発見【Editor’s セレクション】

暮らしを豊かにするために欠かせないのが、インテリアや愛すべき雑貨たち。

このシリーズでは「Editor’s セレクション」と称して、曜日毎に違ったテーマで、編集部がグッと来たアイテムやブランドなどをご紹介していきます。

火曜日は【ステーショナリー・インテリア編】!

今回は、のし紙メーカーの老舗、『株式会社ササガワ』から発売されている、ちょっとしたギフトにピッタリの、2ステップで簡単に使えるオシャレな「のし紙」をご紹介します!

 

■伝統的な贈答文化に着目

pixta_11732033_M

「のし紙」は、何かのお祝い時、お中元やお歳暮などの贈り物にかけるのがマナー。

のし紙のかけ方や名前の入れ方など、日本の伝統的な慣習だけに、細々としたルールがいくつもあって気を使います。

でも、贈り物に名前などが入ったのし紙がかかっていると、贈る側の心配りが伝わってきますよね。

そんな日本の贈り物文化に寄り添ってきた創業120年の「のし紙」メーカー、『株式会社ササガワ』は、この「のし紙」をより気軽に、オシャレに使えるようにアレンジ。

ちょっとしたギフトのラッピングとメッセージを両立させる、上品なラッピングペーパーが生まれました。

 

■ペリッとはがしてくるっと巻くだけ!

img_85091_1

水引代わりにリボンを巻いたのし紙のようなデザイン和紙『noshi note』。

ノートのように冊子状になっており、1枚1枚はがして使用します。

のし紙をかけるようにギフトにくるりとかければ、オシャレなラッピングの出来上がりです。

表書きの代わりにちょっとしたメッセージを付けることもできるので、カジュアルな贈り物をする時にちょうど良さそう。

img_85091_2

どれも素敵なデザインで、素材である美濃和紙の艶のある風合いが、上品さを演出。

不器用な方でも簡単に、センスのよいラッピングができそうです!

img_85091_4

「旅行のお土産を配りたいけど、ばらまきでそのままだと味気ない……。」

「お菓子のおすそ分けをするのに、軽くラッピングをしたい!」

「差し入れに、何かメッセージを添えたい。」

日常の中で、ちょっとしたことを伝えたい、というようなシーンは意外とありますよね。

和紙でできたのし紙のようなラッピングシートなら、日本に根付く思いやりを思い出させてくれそうです。

img_85091_5

和紙のデザインは様々ですが、どれも素敵なものばかりです。

センス良くラッピングができて、メッセージも添えることができるこのアイテム、ぜひチェックしてみてください!

 

■『noshi note』

・仕立:1冊20枚綴(1柄あたり4デザイン×5枚)袋入り

・柄種:和風2柄(MIYABI/MODERN)/洋風2柄(COLLAGE/SUISAI)

・サイズ種:2種・小H45×W210mm/大H82×W210mm

・材質:美濃和紙・留めシール付き(半透明和紙タイプ)

・小280円/大320円(本体税抜価格)

 

【参考】

※ 創業120年の「のし紙」メーカーが提案する新しいラッピングアイテム! ぺりっとはがして巻くだけで可愛い『noshi note(のしノート)』1月発売 – @Press