夏休みに訪れたい!「別荘をレンタルする」のはいかが?【Editor’s セレクション】

 

暮らしを豊かにするために欠かせないのが、インテリアや愛すべき雑貨たち。

このシリーズでは「Editor’s セレクション」と称して、曜日毎に違ったテーマで、編集部がグッと来たアイテムやブランドなどをご紹介していきます。

木曜日は【ショップ編】!

今回は、少し趣向を変えて、これからのリゾートシーズンを彩る「レンタル別荘」について探ってみたいと思います。

 

■「ゆったりした時間」を楽しむ、というリゾート

これから夏に向けて、リゾートシーズンが到来します。

ホテルや観光地といった場所に訪れて、観光やショッピングなどを楽しむスタイルもいいけど、最近話題なのは「グランピング」や「2拠点」といった、もっとナチュラルで、ゆったりとした非日常感を楽しむといったスタイルではないでしょうか?

有名な観光スポットを見るわけでも、ブランドアイテムを買うわけでもないけど、いつもと違った時間を、いつもと違った場所を楽しみたい。

そんな余暇の過ごし方が増えているようにも感じます。

そんな中、話題になっているのが“プライベートレンタル邸宅”です。

sub7

以前から「貸し別荘」という考え方はありましたが、「プライベートレンタル邸宅」は、もう少しラグジュアリー。

手掛けるのは「グランピング(グラマラス+キャンピング)」という言葉を一躍話題にしたことでも有名な、「グランピング葉山」運営元の「TYBOX」です。

 

■1日1組。まるで、本当の「自分の別荘」のよう

main

2016年の初め、葉山にオープンした、プライベートレンタル邸宅「THE HOUSE」。

1日1組限定で、まさに“別荘”のように邸宅を丸ごと借りられるもの。

sub5

ジャグジーのあるテラスから海を眺めているだけで、日々の生活とは全く違った時間を味わえるはず。

sub3

エスプレッソマシーンやオーブントースター、ケトル、電子レンジ、冷蔵庫なども完備されているので、貸し別荘と同様に自由に自分たちで料理をしたりと楽しめます。

清掃料金等が別途かかるものの、家族丸ごとで借りられるのも、小さなお子さんがいる家族には嬉しいですよね。

 

■人気すぎて、続々OPEN!

この「THE HOUSE」、やはり大人気のようで、すでに8月末まで予約でほぼ満室なのだそう。

そこで第2段「THE HOUSE on the beach」として、「THE SWEETEST HOUSE」と「THE PENT HOUSE」の2つが6月上旬よりOPEN。

sub15

1・2Fの「THE SWEETEST HOUSE」は、約190平米近くのスペースに、メインベッドルームが3部屋、ジャグジー付のテラス、ビューティールーム、プライベートBAR、リラックスルームなど、設備がたっぷり。

sub16

おすすめの滞在人数は4〜6名だそうなので、2家族で泊まっても楽しそう。

3Fの「THE PENT HOUSE」は180°見下ろせる約20畳近い広さのルーフトップテラス付き。

sub19

2〜4名でゆったりと過ごすのがオススメです。

 

人気の観光地に行くわけじゃないけど、こんな建物で時間をすごすだけで、きっとステキな体験になるような気がしますよね。

こういった休暇のスタイルが今後増えていくのでしょうか?

とても楽しみですよね。

 

【参考】

葉山で人気で予約が取れないと評判のプライベートレンタル邸宅”THE HOUSE”に、早くも二つめの施設が登場!『THE HOUSE on the beach」6月上旬にオープン!

グランピング葉山の後継プロジェクト第一弾が早くもスタート!海辺のプライベートレンタル邸宅(宿泊施設)『THE HOUSE』がオープン!本日より、2016年のGW含む5月末までの予約受付開始!