つら〜い花粉症…「壁紙」で対策できちゃうらしい!?

d5429-196-279453-3

この時期つら〜いのが花粉症。

マスクをして、空気清浄機を回しても、鼻がムズムズ……くしゃみが止まらない……という人も多いのでは?

 

■「壁紙」ひとつで花粉症対策ができる!?

せっかくゆったりと過ごしたい自宅なのに、くしゃみや鼻水が止まらないと、落ち着けませんよね。

特に今年は 一般財団法人日本気象協会が「北陸・関東甲信・東北地方は前年の2〜3倍の飛散量になるだろう」と予想しており、花粉症対策は必須。

「でも、できるだけのことはやったし……」という人、実は“壁紙”でも花粉症対策ができるって知っていましたか?

 

■アレルゲンを「最大80%」抑制!

花粉症の原因といえば、もちろん“花粉”。この花粉を吸着し、“不活性化”するという壁紙があるのだとか。

それが「抗アレルゲン壁紙」。

d5429-196-899326-4

『株式会社サンゲツ』が行った調査によると、スギ花粉アレルゲンは約60%、ダニアレルゲンにいたっては、なんと80%も抑制することが認められたのだそう。

その理由は、壁紙の表面に塗布されたアレルゲン低減化薬剤。多重構造をもつこの薬剤の隙間にアレルゲンが入り込むことで、室内に漂うアレルゲンをぐっと減らすことができるのだとか。

花粉以外にもダニやホコリなどにも効果があると、各社からさまざまな抗アレルゲン壁紙がでているようです。

 

■賃貸物件にも広がる「抗アレルゲン壁紙」

でも、分譲ならまだしも、賃貸ではなかなか壁紙を貼り替えるなんてこと……と思ってしまいますよね。

最近では、この抗アレルゲン壁紙を使用した賃貸物件も出てきているのだそう。“花粉症もち”で、“ホコリアレルギー”の筆者としても、ぜひこれはもっと広がって欲しい、と期待してしまいます。

 

家を探すときや、壁紙を選ぶときは、ちょっとだけ思い出してこの抗アレルゲン壁紙を選んでみるのもいいかもしれませんね。

 

【参考】

2015年春の花粉飛散予測(第4報)-  一般財団法人日本気象協会

新機能性壁紙「EBフィルム」&「抗アレルゲン」を発売 – 株式会社サンゲツ(PDF)

2015年春の花粉飛散量は前年の2~3倍!つらい花粉症を壁紙でケア!?「お部屋カスタマイズ」からアレルギー症状の原因物質の働きを抑制する抗アレルゲン壁紙3種類追加 – レオパレス21