工事不要で取り付け簡単!スマートフォンでも開けられる、最新オートロック事情

 gandhi / PIXTA

gandhi / PIXTA

春から始まった新学期も2ヶ月以上たち、学校生活に慣れてきたお子さんも多いのではないでしょうか?

夏休みを前に、遊びや短期の習い事など、親子でちょっとした外出の機会が増えてきますよね。

外出が多くなると、心配になるのが玄関などの戸締りや鍵の紛失です。

今回は、手軽に取り付けられる玄関扉のオートロックについてご紹介いたします。

 

■空き巣に入られやすい家って、どんな家?

空き巣は、人通りの多い雑居ビルなどの中心街よりも、静かで人通りの少ない戸建て住宅やアパート・マンションの多い住宅地の方がやりやすいとか。

警察庁が平成27年に発表した侵入犯罪の現状によると、一日当たり約126件もの空き巣被害があり、また侵入手段としては50%近くが戸締りをしていないとのこと。

玄関や窓の施錠の大切さがわかりますね。

空き巣の手口

空き巣は、様々なカギを短時間で開けてしまうノウハウを持っています。

しかし侵入に手間取り、5分かかると侵入者の約7割はあきらめ、10分以上かかると侵入者のほとんどはあきらめるようです。

侵入に時間をかけさせることが、防犯上大切になってきます。

空き巣諦める時間

 

■空き巣が開けることのできないカギ?オートロックシステム

空き巣は主な手口に、ピッキングやサムターム回しを使います。

この侵入方法は扉に鍵穴があることが必要条件であり、鍵穴がなければこの方法は使えません。

ドアが閉まった際に自動的にカギがかかるオートロックシステムも、そのような、空き巣が開けることのできないカギの1つです。

オートロックシステムによるカギの開け閉めは、暗証番号による認証やICチップ(スイカやパスモなど)・リモコン式・指紋認証・スマートフォンといった最新の技術を使って行われます。

カギを作る必要のないシステムなので、鍵穴をつけることもなく、空き巣に侵入される心配が少ないのです。

 

■取り付け簡単、配線工事不要のオートロックシステム

今のオートロックは配線工事など大きな工事をせずに、簡単に扉につけることができるものが主流になってきています。

お出かけ時ドアが閉まると自動施錠し、帰宅時はオートロックに搭載したテンキーで暗証番号を打ち込むか、付属のスマートキーで解錠します。

その他、スマートフォンで解錠できるタイプのオートロックやパスモなどのICカード、お財布携帯で解錠できるものなどがあり、工事費込みで75,600円~となっております。

オートロックデシメル

https://www.comany.co.jp/news/2016/04/06/4992/

Pascalアイエム(株)

http://www.imdoor.com/autolock/iclock.html#autlock2015_price

 

いかがでしたか?

我が家でも15年以上前のオートロックを使っていますが、鍵を持たずにお出かけできる気楽さは1度経験してしまったら元には戻れないものがあります。

もちろん空き巣にも入られていません。

防犯にも強く利便性にも長けたオートロックシステムは、今や住宅のセキュリティには欠かせないものだと言えそうです。

 

【参考】

※ 空き巣の侵入手段・空き巣の心理と行動/住まいる防犯110番警察庁

デシメル – コマニー(株)

Pascal – アイエム(株)