空きビンがフォトフレームに!「0円」で写真を飾る2つのアイデア

スマホやデジカメで撮った写真は、どのように保管していますか?

上手く撮れた写真や、お気に入りの写真は、部屋に飾りたくなりますよね。

でも壁や写真に穴を開けたくないし、フォトフレームをいくつも買うのもお金がかかります。

そんな時は、貼って剥がせるタイプの両面テープ(海外在住の筆者はよく「ブルタック」を使ってますが、日本では3M製などが人気です)が便利ですが、写真をそのまま貼るだけじゃ、ちょっと物足りない気もします。

「3M」HPより

「3M」HPより

そこで今回は、お気に入りの写真を、穴もお金も開けずに、オシャレにカワイク飾る2つのアイディアをご紹介しましょう。

 

■ガラスビンを利用する

ジャムや調味料が入っているガラスのビン。

キッチンで再利用している人は多いのではないでしょうか?

実は、このガラスビンに写真を入れて、逆さにして飾ると、ユニークに写真を飾ることができるんですよ。

同じサイズの物をいくつも並べてもいいし、大きさの違うものを組み合わせてもカッコいいですよ。

著者は自然の写真を撮るのが好きなので、今回は自然をテーマに写真を飾ってみました。

 

■「色紙」+「はがせるシール」で、フォトフレームの代わりに

用意するものは、色紙、のり、はさみ、そして先述の剥がせるシール(今回は「ブルタック」使用)の4つだけ。

(1)まずはフォトフレームの代わりとなる色紙をサイズに切ります。

著者は、色紙を写真よりも2センチほど大きくして切ってみました。

(2)次に写真を色紙にのりで貼ります。写真へのダメージが気になる人は、後で剥がす時のことを考えて4か所だけにつけるか、この時点でブルタックを使います。

今回はのりは使わず、全てブルタックのみで貼りました。

(3)最後にブルタックを少しちぎって、角の4か所につけて壁に貼るだけ。

DSCN1473-20160608121701

 

■アートっぽく飾るポイント

1番大事なポイントは部屋に合う色をフレームに取り入れることです。

著者は自然が美しいカリブ海近くにメキシコに住んでいるので、こちらで撮ったお気に入りの写真にメキシコの代表的なカラーであるピンク、水色、黄色のフレームを作り、子ども部屋に飾ました。

階段には落ち着いた茶色を使用しています。

もう1つのポイントは、ガラスビンを使うときも同じですが、写真のテーマを決めること。

いくつかの写真を同じところに飾る場合、家族写真、旅の写真、ペットの写真など1つのテーマに決めていると、まとまってとても見やすくなりますよ。

 

お金をかけずに、しかも簡単にできるので、皆さんもぜひ試してみてください。