狭い家でも飾りたい!ものを持たずに、管理の手間なく、家を飾る3つの方法

 

筆者は現在、夫婦+4歳児+愛犬1匹の4人(?)家族ながら、59平米という狭小マンションに暮らしています。

家が狭いと居住スペースだけでなく収納スペースも限られるため、なかなか「飾るためだけの雑貨」を持つことができません。

……が、だからといって、ものを飾ることまで諦めたくない!

というわけで今回は、「ものを持たずに」「手間をかけずに」家を飾る方法を3つご紹介します。

 

■1.:観葉植物の代わりに「枝もの」を飾る

室内に「緑」があると、それだけで部屋全体がリラックスした雰囲気に。

とくに大きな鉢植えの観葉植物は、大型家具にも負けないインパクトがあります。

けれども、そのためにジョウロやスコップ、肥料といったものが増えてしまうことも。

20160601_keysaito01

その点、大ぶりの「枝もの」なら、そういったツールは不要です。

大きな花瓶にモサッ!といけたら、あとはときどき水を替えてあげるだけ。

ほとんど手間らしい手間がかからないのに、観葉植物に劣らない存在感と迫力で、部屋を飾ることができます。

 

■2:花の代わりに「季節の果物」を飾る

室内に「花」があると、それだけで部屋全体が華やいだ雰囲気に。

アレンジメント次第で様々なイメージを楽しむことができます。

けれども、花の高さやボリュームにあわせて花瓶をいくつか揃える必要があったり、毎日の水換え、水切りが大変だったり。

20160601_keysaito02

その点、カラフルな「季節の果物」なら、手持ちのお皿に乗せて置いておくだけで、部屋に彩りを添えてくれます。

もちろん、水換えも水切りも不要。

熟してくると甘~い果物の香りが楽しめるうえ、最後は食べられる!と「うれしいこと」づくしです。

 

■3:間接照明の代わりに「キャンドル」を飾る

天井にとりつけた照明ひとつで照らすより、フロアライトやスタンドライトなど、複数の照明で照らすほうが、部屋はドラマチックな雰囲気に。

けれども、間接照明って意外と場所をとります。

おまけに、掃除や電球の交換といったメンテンスも、なかなか大変。

20160601_keysaito03

その点、「キャンドル」なら、狭い家でも気軽に暮らしに取り入れられます。

夕方、少し陽が沈む頃、部屋のあちこちに置いたキャンドルに火を灯せば、瞬時に部屋が立体的に。

アロマキャンドルを選べば、光だけでなく香りも同時に楽しむことができますよ。

 

ここでご紹介した3つのアイテムは、どれも時が経てばなくなる「消えもの」ばかり。

多少失敗しても大勢に影響はありません!

狭い家で暮らしている人だけでなく、「少ないもので暮らしたい」「引越しの予定がある」「インテリアの方向性を決めきれていない」という人も、ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね。

 

(ライター::ライフオーガナイザー/クローゼットオーガナイザー さいとう きい