主婦の憧れ?それとも要らない?物議を醸す「ユーティリティ」【くらし事典】

住まいは、毎日の暮らしの中心の場所。

私たちの暮らしには、様々な言葉があります。

中には、パッと聞いただけでは分からない難解なものや、聞いたことがあるけれど、意味はよく分からないものもありますよね。

暮らしにまつわる多種多様な用語を解説していくこの【くらし事典】では、そういった「分かっているようで分かっていない、気になるあのワード」にスポットを当てて、分かりやすく解説していきます。

 

■今日の気になるワードは……「ユーティリティ」

フォトジーノ / PIXTA

フォトジーノ / PIXTA

ユーティリティとは、洗濯機や乾燥機、アイロンがけの家具、ミシンなどを収納し、合理的に家事がはかどるように設計した多目的スペースのことを言います。

家計簿を付けたり手紙を書くなどのデスクワークをするための簡単な机を置けば、パソコンスペースにもなります。

一通りの家事をスムーズに行えるよう動線を考慮して設計され、キッチンや洗面所に接して設けることも多いです。

家事をするための専用スペースがあれば、アイロンがけやミシンなどの作業も、集中して行えそうですよね。

 

■必要?不要?賛否両論!

ところが、意外にもそう思わない主婦の方もいらっしゃるようです。

家事室・家事スペースについての『無印良品の家』のコラム「どこでアイロンをかけるのでしょうか?」に対し、様々な意見が集まりました。

「確かに『家事の効率性』だけを見るならば、ある一定の定位置で洗濯に関する作業が全て済んでしまう方が効率がいいのかもしれません。しかし、主婦の視点からすると、重要なのは作業の「効率性」だけでなく『ながら作業』というもの重要になってきます。この「ながら作業」は主婦の仕事にとって、とても大切な「時間配分の効率性」なのです。

……(中略)……

『作業部屋』というのは、一見作業が効率的に進むように見えますが、主婦の視点からみると『ほんのわずかな息抜きさえ奪って仕事に専念させるために、主婦を閉じ込める現在の女中部屋』のように感じます。」

(女性/20代後半/既婚/共働き・2人暮らし)

 

「アイロンは日常のルーチン家事の中で、作業場所を任意に移動できるほぼ唯一の作業なのだなと改めて実感しました。私の場合、幸運な事にユーティリティー兼ワードローブルームが有るのでそこで洗濯物を干し、アイロンをかけ、収納する迄一貫して行っています。

が、その実際からの実感ですが、アイロン掛けは唯一リビングで家族と一緒にいながらできる作業でもあるんですよね。

子供たちがテレビを見ているところでアイロンをかければ、どんなテレビをどれだけ見ているのかもよくわかりますし、会話もできるし畳んだり重ねたりを手伝ってもらう事もできるはず。

ユーティリティールームのおかげで家中はすっきり、リビングはインテリア雑誌のようですが、孤独にはなります。」

(女性/40代後半/既婚/共働き・子ども2人)

 

「男性に憧れの書斎があるように、女性にも個人的な専用の空間があっても良いと以前から考えてました。

ただ、家事(家の為の仕事)だけを籠もって行うだけの空間では面白くありません。
自分の為のこと、趣味だったり、スキンケアだったり、慌ただしい家事や、家族の世話、テレビの音声から一歩離れてホッと一息つくためのパーソナルスペースであって欲しいと思います。」

(女性/20代後半/既婚/共働き・二人暮らし)

 

家事室は絶対欲しいです。

ちいさな部屋でやりたくないということは理解できますが、わたしはちいさくてもアイロン台やミシンを出したままにしておける場所が欲しい。」

(女性/50代前半/既婚/共働き・子ども2人)

 

「私の母は、アイロンをかける部屋を持っています。この部屋は6畳あり、母のタンスなどもあるため、家事室というよりは彼女の自室という雰囲気が漂います。……(中略)……

専業主婦で一日中家族のことを考えて暮らしている方こそ、ときどきは一人になる時間がほしいのだと思います。そういうスペースとしての提案をされてはいかがでしょう。」

(女性/30代前半/未婚)

“現在の女中部屋”や、“家事(家の為の仕事)だけを籠もって行うだけの空間”など、なかなか過激な表現も見受けられます。

これを見ると、家事スペースという作業場をもって、“家事を1人で行う”ことに、否定的な意見を持つ人もいることが分かりますね。

たとえ1人の方が効率が上がるとしても家族と一緒にいる時間が大切だという方や、家事をしながらもテレビを見たりしたい方など、やり方は様々かと思います。

家事をする上でこのような場所が必要かどうかは人それぞれですが、自分に合った方法が1番。

とにもかくにも、自分に合う家事の仕方をを見つけることが大事なようです。

 

【参考】

※ http://www.muji.net/mt/ie/column/sumai_090224.htmlどこでアイロンをかけるのでしょうか? – 無印良品の家(リンク切れ)

※ http://www.muji.net/ie/lifestyle/plan/utilityroom/voice02.html”コラム「アイロンはどこでかけるのでしょうか?」に投稿されたご意見か(リンク切れ)