2位のトイレ掃除よりめんどくさい!「自動化したい家事」TOP1位は…?

 

晩御飯を済ませて満腹の時の食器洗い、疲れて帰宅した時の散らかった部屋……。

放置しても逃げ切れないのが「家事」ですよね。

そんな億劫な家事も、食器洗い洗浄機やロボット掃除機といった自動化ツールが助けてくれる時代。

とはいえ、まだまだ家事に一定の時間を奪われている人も多いのでは?

特に、共働き世帯では“平等な家事分担”が理想ではあるものの、事実、平均7割以上を妻が担っているとの調査結果も出ています。

首都圏在住で20歳~59歳の働く既婚女性813名が「自動化してほしい!」「これは自動化したくない!」と感じている家事ランキングが、住宅情報サイト「オウチーノ」の調査から発表されました。

 

■すでに自動化している家事は?

sub1

  • 第1位:「食事の片付け・食器洗い(食洗器など)」・・・15.1%
  • 第2位:「部屋の掃除(ロボット掃除機など)」・・・9.7%
  • 第3位:「洗濯物を干す(乾燥機など)」・・・8.1%
  • 第4位:「買い物(ネットスーパーなど)」・・・7.7%
  • 第5位:「トイレ掃除(自動洗浄便座など)」・・・3.8%

新築物件では標準装備なことが多いのもあってか、食洗機が第1位。

一方、67.3%が「特になし」と回答し、共働き家庭の3組に2組は“家事の自動化”が進んでいないことが分かりました。

 

■自動化したい家事、第1位は「風呂掃除」

  • 第1位:「風呂掃除」・・・54.5%
  • 第2位:「トイレ掃除(自動洗浄便座など)」・・・51.8%
  • 第3位:「部屋の掃除(ロボット掃除機など)」・・・40.3%
  • 第4位:「食事の片付け・食器洗い(食洗器など)」・・・37.3%
  • 第5位:「布団干し・布団掃除」・・・36.0%

自動化したい家事は「風呂掃除」が最も多く54.5%という結果に。

Graphs / PIXTA

Graphs / PIXTA

確かに、腰が痛い、濡れる、手が届かないなど、お風呂掃除はストレス満載。

最近では、ボタン一つで浴槽の掃除からお湯張りまでやってくれるシステムバスにリフォームするシニア層も増えているそうです。

第2位以下も、「掃除」を自動化したいと考える人が多いことが分かりました。

 

■自動化を望まない家事、第1位は「料理」

sub2

  • 第1位:「料理」・・・31.4%
  • 第2位:「買い物」・・・18.6%
  • 第3位:「ペットの世話」・・・17.5%
  • 第4位:「トイレ掃除」・・・16.4%
  • 第5位:「ゴミ出し」・・・11.2%

「全部自動化したい!」という「特になし」の回答は39.0%。

年代別に見ると、20代が44.1%、30代が39.5%、40代が38.6%、50代が34.7%という結果になり、年代が上がるにつれて、「自動化したくないと思う家事」がある人が増えていくことが分かりました。

家事を長く続けている分、こだわりがある人も多いのかもしれません。

 

■「料理は自分で!」その理由は?

xiangtao / PIXTA

xiangtao / PIXTA

料理は自動化したくない理由は、「好きだから・楽しいから」が大多数。

具体的には、「子どもと料理するのが楽しいから」(37歳)や「料理するのが趣味だから」(57歳)などの声が聞かれました。

「家の仕事」というよりは、「楽しい時間」と捉えている方が多いということですね。

他にも、家族の好みやコンディションに合わせて味付けを変えたいなどの意見も見られました。

体調や気分、味覚など、ほかの家事に比べて細かな調整が必要な「料理」はならではの回答です。

 

■「自分の目で見て吟味する!」買い物も自動化はNO

「品物を自分の目や手で触って確認したいから」(25歳)などの理由で、買い物も自動化したくない家事にランクイン。

他にも「買う物をあれこれ選ぶのは楽しい」(41歳)や「買い出しがリフレッシュにもなる」(28歳)など、自動化されると奪われてしまう、楽しみの要素も重要なようです。

また、「その日の安売りの食材などを見て、献立を考えられるから」(27歳)や「いろいろな商品を見たりすることで流行が分かりおもしろいから」(35歳)など、買い物は情報収集の機会としても機能しているのですね。

 

■空いた時間は何に使いたい?

sub3

「家事によって奪われていると感じる時間」、「家事を自動化して空いた時間にしたいこと」は、どちらも「一人で過ごすこと」が1位という結果に。

一人でゆったりすごす休息や、空いた時間の分だけ健康や美容、勉強に使いたいと考えている人も多いようです。

 

■家事に定年なし! 上手に自動化を取り入れて

「できるものなら何でも自動化してほしい」(56歳)という声には筆者も全面同意!

とくに、お風呂掃除を自動化したいのですが、リフォームするにも数十万円の費用が……。

「自動化の金銭的負担が軽いなら、全て自動化したい」(34歳)という声もあるように、今後、様々な家事で自動化が進んだとしても、金銭的な問題はネックになりそうです。

家事に定年はなく、これから先もずっと続きます。

完全に自動化することは難しいかもしれませんが、上手に自動化を取り入れ、ゆとりある暮らしをしたいものですね。

 

【参考】

「家事の自動化」に関する実態調査~自動化したい家事、第1位「風呂掃除」~ 

※ スイッチ 1 つで浴槽を洗浄、お湯はりまで! 「おそうじ浴槽」がリニューアル、ノーリツシステムバスの標準装備に

(オカダヒロタケ)