塩ビシートでお掃除が楽に!種類も豊富でオシャレ【くらし事典】

住まいは、毎日の暮らしの中心の場所。

私たちの暮らしには、様々な言葉があります。

中には、パッと聞いただけでは分からない難解なものや、聞いたことがあるけれど、意味はよく分からないものもありますよね。

暮らしにまつわる多種多様な用語を解説していくこの【くらし事典】では、そういった「分かっているようで分かっていない、気になるあのワード」にスポットを当てて、分かりやすく解説していきます。

 

■今日の気になるワードは……「塩ビシート」

「塩ビシート」とは、ポリ塩化ビニルという素材を使った床材のことです。

もともと、この塩ビシートはアメリカ製品だったのですが、日本では『東リ株式会社』がタイルとして開発し、普及していきました。

住宅では、トイレや洗面所などの水回りの床材などに使用されています。

 

■機能的で種類が豊富

もともとは工場や倉庫などに多く使用されてきた塩ビシートですが、最近では住宅にも多く使用されています。

低コストにもかかわらず、耐久性・耐火性に優れており、施工・メンテナンスのしやすさでも注目されています。

トイレや水回りなどによく使用されるのは、耐久力があるためですが、機能性があってもインテリア性がなければ、あんまり使う気になれませんよね。

塩ビシートは、種類が豊富であることもメリットの1つなんです。

Akimov Igor/shutterstock

Akimov Igor/shutterstock

単色だけではなく、タイル風や石畳風、絨毯風などの絵柄もあり、お部屋の雰囲気に合わせて使い分けることもできますよ。

最近では、ペット用のクッション付きの機能が付いた塩ビシートなども発売されており、室内でペットを飼っていたり、小さなお子さんがいるご家庭にもおススメです。

お部屋の用途や雰囲気に合わせ、塩ビシートをうまく利用してみてくださいね。

 

【参考】

塩ビって何? – 塩化ビニル環境対策協議会