バッグの収納、どうしてる?収納アドバイザー監修のバッグ用収納棚【Editor’s セレクション】

暮らしを豊かにするために欠かせないのが、インテリアや愛すべき雑貨たち。

このシリーズでは「Editor’s セレクション」と称して、曜日毎に違ったテーマで、編集部がグッと来たアイテムやブランドなどをご紹介していきます。

月曜日は【大型家具・インテリア編】!

今回は、置き場所や収納に困りがちなバッグを、きれいに収納できる便利な棚をご紹介します!

 

■バッグ収納は型崩れが問題!

皆さんは、バッグをどうしまっていますか?

いくつものバッグを重ねて収納すると、どうしても下の方のものが重みでつぶれてしまいますよね。

大切にしまっておいたバッグを久しぶりに使おうと思って出したら、型崩れしてしまっていた、なんて残念な経験もあるかもしれません。

大事なバッグをいつでもキレイに使えるようにしたい。かと言って、スペースの問題もあるし、コンパクトに収納するにはやはり重ねるしか方法がない……。

バッグは、自立して立てることができないので、収納に頭を悩ませる人も多いでしょう。

img_94706_1

そこで、見つけてきました! バッグを立てて収納できる、とっても便利な棚です!

 

■整理収納アドバイザーのお墨付き、バッグ収納棚!

img_94706_2

シンプルな形ですが、キレイにバッグを並べられるこちらの収納ボックス。

その名も、「すっ桐カバンハウス」です。

整理収納の現場を知る実績多数のアドバイザーから、現場で感じる意見を取り入れて作られたそうで、2015年11月に発売されてからわずか3ヶ月で、1,000本も売れた人気商品なんですよ。

1つひとつを立てて収納できるので、型崩れすることなく、いつまでもキレイな状態で保管することができます。

すっきりコンパクトな棚なので、チェストの上や、クローゼットの中など、置く場所も選びませんね。

img_94706_5

必要なバッグの場所が一目でぱっと分かるので、カバンを探す時間的ロスも解消できます。

また、棚をふたつ重ねて使ったり、棚の上に物を置いたりもでき、空間を無駄なく有効に活用できるのも魅力です。

img_94706_3

 

■素材は桐だから、高級感・満足感も

素材に使用されているのは、気品を感じさせる「桐」。

桐には、湿気を吸い取る効果や、防虫効果もあります。

バッグを長持ちさせるためにはもってこいの材質ですよね。

img_94706_4

仕切り板は、取り外しが可能で、バッグのサイズに合わせて収納の幅を調節することもできます。

縦置きすれば、シャツや衣類を収納する棚としても使えますよ。

img_94706_6

アイデアと工夫次第で、用途が広がり、とても使い勝手がいいですね。

中にバッグや衣類を並べるだけでスッキリとした収納になるので、収納上手になった気分が味わえそうです。

バッグの収納に困っている方は、検討してみるのも良いかもしれませんよ。

 

【~整理収納アドバイザー監修~ すっ桐カバンハウス】

■サイズ:ハイタイプ幅595mm×奥行365mm×高さ435mm/ロータイプ幅595mm×奥行365mm×高さ345mm

■商品重量:ハイタイプ約4.5kg/ロータイプ約3.5kg

■価格:ハイタイプ17,000円 (税抜)/ロータイプ15,000円 (税抜)

 

【参考】

発売から3か月で販売数1,000本突破! カバンを立ててスッキリ収納できる『カバンハウス』 ~整理収納アドバイザーとコラボしたヒット商品~ – @PRESS

クロシオ