お酢と洗剤で傘がピカピカに!? 頑固な「傘のサビ」を取る方法

梅雨も始まり、毎日ジメジメしていて、突然の雨に備えて、傘が手放せなくなってきましたよね。

この時期は湿気もあって、油断すると傘にサビが出来てしまいます。

筆者は、傘を外に置きっぱなしで、傘を干すことは約2年間で一度もしなかった結果、かなり傘にサビができてしまいました。

外に傘をかけておいたことで、水が溜まることも多々ありました……。

せっかく雨の日にでかけるなら、ピカピカの傘で外出したいですよね!

そこで今回は、傘のサビの落とし方をご紹介しちゃいます。

 

■サビだらけの傘……

外側から見ても、サビているのが分かりますよね。

挙げ句の果てには、傘の持ち手までサビてしまいました。

こんなの、どうやったら落ちるのでしょうか?

 

■準備するもの

準備するものはこちらの3つ。

  • 台所用洗剤
  • お酢
  • メラニンスポンジ(歯ブラシでも可)

 

■サビの落とし方

まず、全体に水をかけます。

汚れが少ない場合は、汚れの部分にだけお酢と台所用洗剤をかければいいのですが、全体的に汚れがある場合は、お酢と台所用洗剤を全体にかけましょう。

P6131318-20160616212639-640x480 (2)

歯ブラシで落とすこともできるのですが、相当力を入れないと頑固なサビは落ちなかったので、筆者はメラニンスポンジでゴシゴシしました。

P6131319-20160616212650-640x480 (2)

かなり綺麗になりました!

傘の持ち手の部分もピカピカです。

サビを落としてわかったことは、台所用洗剤を使っているので、傘を開くとふわっといい香りがします。

いい香りがするので雨の日でも、気分が盛り上がりそうです。

 

■傘を干すことが長持ちの秘訣


なぜ雨が降った次の日に、傘を干した方がいいのでしょうか?

それは、傘を素早く乾燥させることが傘を長持ちさせる秘訣だからです。

傘は、濡れたままにしないのが基本。

特に、親骨と受け骨の結合部はさびに弱いものもあり、デリケートな部分なので、使用後は水滴を切ってなるべく早いうちに乾燥させましょう。

そして、実は直射日光は退色や材質の劣化の原因にもなるそうです!

カンカンに晴れた日に一日中干している方は要注意です。お気に入りの傘なら、日陰に干しておきましょう。

お気に入りの傘をお手入れして、このジメジメした梅雨を乗り切りましょう!