流行りのベランダ・グランピングにも使える!手作りガーランド&フォトプロップスのコツ

突然ですが、皆さんは「グランピング」というものをご存知でしょうか?

グラピングとは、グラマラスとキャンピングを掛け合わせた造語で、少し前から、じわじわと話題になってきているのです。

そして、このグランピングをもっと手軽に楽しみたいという人が、自宅の庭やベランダで行うのが「ベランダ・グランピング」というもの。

今回は、ベランダ・グランピングにもおススメの、ガーランド&フォトプロップスの作り方をご紹介します!

実際に作ってみたコツもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

■ひもに貼って吊るすだけ!簡単ガーランドの作り方

ガーランドとは壁や窓辺を華やかにするための“吊るし飾り”のこと。

実はこのガーランドはベランダ・グランピングにもぴったりで、これがあるだけで写真映えがググッとアップしますし、なによりグランピングそのもののグレードも一気に跳ね上がります!

騙されたと思って、ここはひとつお試しあれ!

材料

  • ひも
  • フェルト
  • ボンド

※作ったガーランドを使い捨てるのであれば、折り紙やトレーシングペーパーでもOK。フェルトなどの布で作れば繰り返し使えます。

IMG_1317-20160617150036-640x480 (2)

フェルトを好きなモチーフの形に切ったら、ボンドをつけていきます。

次にひもにひっかけて、全て固定すれば完成です!

※この時、(壁に仮ドメをして)空中で作ると、全体のバランスを見ながら作れて、やりやすいですよ。

 

■楽しい写真が撮れちゃう、フォトプロップス

写真を撮るときに、ピースばかりではつまらない……と思ったことはありませんか?

そこで活躍してくれるのがフォトプロップス。海外のホームパーティーなどではおなじみの、写真を撮る際に使うユニークなアイテムのことです。

Nataliia Zhekova

Nataliia Zhekova/shutterstock

吹き出しに文字が書かれたものや、ヒゲやくちびるなどのモチーフでもじゅうぶんにカワイイですが、ベランダ・グランピングで食べたお料理のメニューなどを絵にかいてパシャッとすれば、センスのあるステキな思い出写真になりますよ。

ここでは、カップケーキのモチーフを作ってみました。

IMG_1310-20160617150330-640x480 (2)

材料

  • ストロー
  • マスキングテープ
  • 色画用紙
  • はさみ
  • のり

まずはモチーフづくりから。希望するモチーフを作っておきましょう。

ヒゲやくちびるなどの定番のモチーフは、ネット上の画像データをプリントアウトすれば簡単だし失敗がありません!

次にストローをマスキングテープでデコレーションしていきます。巻き始めは写真のような感じで少し余裕をもたせておくと、モチーフを固定しやすいです。

IMG_1309-20160617150529-640x480 (2)

モチーフとデコレーション済みのストローを組み合わせればできあがりです!

 

いかがですか?

どちらも、とてもお手軽に作れて、グランピングを盛り上げてくれること間違いなしのアイテム。

ぜひ、トライしてみてくださいね!